« 花言葉補遺 | Main | おいしさの表現法 »

October 27, 2004

空調メッセ2004開催

空調メッセ2004,こんなメッセがあるとは今まで思っていなかった.自分の知らないところで,知らない業界が盛り上がっている.
やっぱり空調業界の人にとっては大きなイベントなのだろう.空調の新技術が目白押しな展示会に違いない.

会場の至る所にある排気口やら吸気口.空調業界の人達が,噴出し口から勢いよくブオーと噴出される空気を前に「やっぱり新型は違いますなあ」に心ときめかせていることだろう.「業界初!ターボ排気」の謳い文句の製品に目を見張る来場者,運転中の騒音を抑えた「空調静御前」の登場に驚きを隠せない開発者達,わずか30秒で効率よく室内の空気を入れ替える新技術に目を輝かせる技師達で溢れる.
空調メッセは空調の未来を覗かせてくれる.いつもは脇役の空調の機械が,今日は会場で高らかに誇らしげな音を響かせる.

展示会にお約束の奇を衒った製品にも目が離せない.
手に持った団扇をパタパタとやるゴリラの人形.キャッチフレーズは「ゴリラの力で風が来る」.机の上に扇風機代わりに置こうものなら,椅子に座った人が一扇ぎで吹き飛びひっくり返る.
モアイを模った鼻から空気を吸って口から空気を出す空気循環機.空気が循環しているのかしていないのか分からない.吐いた空気を吸っているだけじゃないのか?

ホールでは講演会が開かれる.パリで活躍中の空調デザイナーによる五年後のエアダクトについて語る講演会だ.空調界のスターの登場に,聴衆達はサインをねだり,携帯のカメラを向ける.

会場の片隅では専門雑誌「月刊 快適な空気」が売られる.その隣は空調の同人サークルのために開放され,エアコン模型や,同人誌が売られる.会場内を換気扇やらエアダクトやらのコスプレでウロウロしている人がいるのはそのせいか?

製品や技術をアピールするコンパニオンも忘れちゃいけない.排出された空気でコンパニオンのお姉さんの短いスカートが偶然まくれ上がるのは,嬉しいハプニングだ.

空調業界の人や同人達の熱気や情熱で溢れかえる空調メッセ.会場内は,さぞ熱くなることだろう.しかし,展示された最新の空調機械が空気を循環してくれるから,その点は心配いらない.

|

« 花言葉補遺 | Main | おいしさの表現法 »

Comments

空調メッセ楽しそうですねー。
やはり今年も開催するんでしょうか。。

行ってみたいなぁ・

Posted by: yoyo | November 10, 2004 at 08:02 PM

コメントどうも.

今年の空調メッセは終わってしまいましたが,きっと来年も開かれることでしょう.きっと未来の空調を語ってくれることでしょう.

Posted by: JC若鶏 | November 10, 2004 at 10:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 花言葉補遺 | Main | おいしさの表現法 »