« November 2004 | Main | January 2005 »

December 28, 2004

トイレとその周辺に纏わる名言集

「紙がなければ,手で拭けばいいじゃない.」
オイルショックでトイレットペーパーが売り切れたことを聞いたマリー・アントイレットの言葉.

「ブルータス,お前もか!」
下痢止め薬を飲むジュリアス・ベンザーが,同じく下痢止め薬を飲むブルータスを見た時の言葉.

「板垣出すとも,ズボンは汚さず.」
駅のトイレの列に並ぶも,順番を目前にして間に合わず個室に入る前にズボンを脱ぎ始めた板垣便助の言葉.

「便は人の前に人を作り人の後に人を作る.」
駅のトイレの列で力尽きた板垣便助を目の当たりにした拭沢諭吉の言葉.

「汲み取りや 便が飛び込む 水の音」
松尾便蕉の名句.

出ないなら 裂いてしまえ 尻の穴
出ないなら 浣腸挿そう 尻の穴
出ないなら 出るまで待とう 尻の穴
戦国時代のある大名達の性格を喩えた歌.

「小便よ,便器を抱け.」
酔って狙いが定まらない小便に向かって言ったクソーク博士の言葉.

年末に付き,中々更新の時間が取れませぬ.

| | Comments (5)

December 24, 2004

メリークリスマス

今日はクリスマスイブ.サンタクロースがプレゼントを配って回る日だ.プレゼントを貰うのは子供達だけではない.気が付かないだけで,大人達にもプレゼントが配られている.小さな奇跡というプレゼントが.

最近,抜け毛が気になるお父さん.毎朝髪を梳かすと,大量の髪の毛がブラシに残る.でも,今日だけは髪の毛がブラシに残らない.鏡に映ったサンタクロースが微笑む.そんなお父さんにメリークリスマス.

やばい,終電乗り遅れた.忘年会ではしゃぎ過ぎた若い会社員.駄目と分かりつつも,いつものホームに行ってみたら電車が駅に止まっていた.信号機故障で電車が遅れているとのこと.電車の窓に映ったサンタクロースが微笑む.復旧までに明日の朝までかかるとのことだが,若い会社員にメリークリスマス.

接待ゴルフでナイスショット.打ったボールはホールインワン.最近スコアが伸び悩み気味だったけど,ここで一発大逆転.池に映ったサンタクロースが微笑む.お客さんは怒っているみたいだけど,接待ゴルファーにメリークリスマス.

当たり付き自動販売機でジュースを購入するOLさん.いつもはハズレなのに,今日に限って3連続当たり.自動販売機のディスプレイに映ったサンタクロースが微笑む.実は自動販売機に520円入れていたOLさんにメリークリスマス.お釣りの40円にもメリークリスマス.

ああ,今日も腹の調子が悪い.トイレに篭って大便を出す初老の紳士.腸が弱くて毎日何度もトイレに行っているせいで,肛門の周りが擦り切れてヒリヒリしている.ウォッシュレットがないと辛いけど,今日は急な便意でウォッシュレットを探している暇がなかった.脱糞後,恐る恐る尻を拭いたが,紙が汚れていない.便器に溜まっている水に映ったサンタクロースが微笑む.よく見ないで慌てて入った先が女子便所だったけど,腸が弱い初老の紳士にメリークリスマス.

いろいろあるけど,とにかくメリークリスマス.

| | Comments (4)

December 22, 2004

ブルーハワイ

仕事とか,個人的な事情により滞りってました.ネタはあるけど書けませんでした.

「ブルーハワイ」
カキ氷なんかにもブルーハワイはあるが,元々はカクテルの名前だ.この名前って,勢いでつけてしまった雰囲気が感じられる.色が青くてハワイの海とか空っぽい.だからブルーハワイ.かなり安易だ.この名前の付け方って,どうなんだ?

という訳で,ブルーハワイの考察を加える前に一応念のために語源調べてみたら,
ブルーハワイ:エルビス・プレスリー主演の映画「ブルーハワイ」に由来.

ああっ,何てことだ.全然違った.私が勝手に,青さがハワイの海っぽいから,ブルーハワイって名前にしたんだな,なるほど,と思い込んでいただけだった.ブルーハワイの青さを見てハワイみたいだと思ったのは,他でもない自分だった.ハワイに行ったこともないのに.


そんな訳で,ブルーハワイに関する考察を展開しようと思っていましたが,予定を変更して「居酒屋戦隊サケレンジャー」をお送りします.

「やっぱりさあ,俺って居酒屋戦隊サケレンジャーには要らないんじゃないのかなあ.」
イエローインドはブルーハワイに愚痴をこぼした.ブルーハワイは,「また始まったか」と顔を顰める.イエローインドは酒を飲んで酔うと,いつも愚痴をこぼすのだ.
怪人との戦いが終わると,ブルーハワイは決まってイエローインドに飲みに誘われる.そして毎回,聞きたくもないイエローインドの愚痴を聞かされるのだ.本当は付き合いたくないのだが,ブルーハワイは変に人が良いせいで断り切れない.
特に今日の戦いは,敵の四天王「怪人サンバブラジル」との戦いで苦戦を強いられたのだ,帰って早く休みたい.
そんなブルーハワイの気も知らず,イエローインドの愚痴は続く.
「大体,俺って酒と関係ないじゃん.」
「それって,どういうこと?」
ブルーハワイは渋々愚痴に答える.ここで,愚痴に答えてやらないとイエローインドは怒って暴れだすのだ.ただ暴れるだけではない.必殺技を出して暴れるのだ.過去に,イエローインドは,二つの街を消し去った.二つとも上層部が,悪の組織の所為にしてもみ消した.さらに始末の悪いことに,イエローインドは酔いが醒めた時には,自分が破壊した事を全く覚えていない.イエローインドは「悪の組織は怖いなあ」などと他人事のように恐れていた.
「みんなそれぞれ酒に関係した得意技があるだろう?レッドアメリカは,バーボンボンバー.ブラウンチャイナは,紹興蹴り.ブラックドイツはビールかけ.ピンクフランスはドンペリアタック.ホワイトコリアのモッコリマッコリ.お前だってカクテルシャワーだ.それなのに,俺だけカレーチョップ.おかしいだろう?カレーって.バーボン,紹興酒,ビール,ドンペリ,マッコリにカクテル.なんで,そこにカレーが出てくるんだよ?名前だって,居酒屋戦隊サケレンジャーなんだぞ.」
確かに,カレーは酒と関係ない.しかし,「確かに関係ないね」などと答えたら,イエローインドは怒り出すだろう.それでは何と答えればよいのか,ブルーハワイは頭を抱えた.間違えた答えで怒らせたくない.街一つが懸かっているのだ.カレーチョップ,名前の割りに威力は凄い.悩んだ末,ブルーハワイは話を逸らして誤魔化すことにした.
「そうそう,ピンクのドンペリアタックは凄いらしいぞ.必殺技を場所によっては10万円は下らないみたいだ.しかも,その代金の請求書は怪人の自宅に届くんだってさ.」
「誤魔化さないで答えてくれよ.」
誤魔化しきれないようだ.「カレーなんかいらない」とは,思っていても口が裂けても言えない.街が一つなくなる.
「いや,とにかくイエローインドみたいなキャラクターは必要なんだよ.」
「どんなところが?」
「やっぱり,いつでも場を和ませるために笑いって必要だろ?」
イエローインドは駄洒落をよく言うのだが,物凄くつまらない.しかし,乗り切るには駄洒落を褒めるしかなさそうだと,ブルーハワイはイエローインドの面白さを褒めることにした.街一つの為だ,嘘を付いても許されるだろう.
「その担当が俺だと….」
「そうそう.そういうことだよ.」
「嘘付くなよ.昨日俺がいない時,皆がイエローインドの駄洒落はつまらないって言ってたの聞いたんだぞ.お前も含めて言ってたじゃん.ホワイトコリアがモッコリマッコリを出したときの方が面白いって.」
確かにホワイトコリアの技「モッコリマッコリ」は見ているだけで面白い.この前,怪人も笑い転げていた.しかし,ホワイトコリアは技だけでなく,話も面白い.イエローインドとは大違いだ.それにしても,イエローインドがその話を聞いていたとは….つまらないところで,無駄に地獄耳だ.「ごめん,街の人.みんな死ぬかも.」とブルーハワイは心の中で謝った.
「えっ….まあ,気にするなよ.とにかく必要なんだよ.」
「やっぱり,いらない隊員だよな.俺って.」
不穏な空気が二人を包む.イエローインドのベルトの風車が回り始めて,右手が輝き始めた.出るぞ,カレーチョップが.ブルーハワイは,とにかく喋ることにした.
「あっ,思いついた.じゃなくて,思い出した.そうだそうだ,7人で一週間持ち回りで基地に宿直になるだろ.」
「うん,それで.」
「一人欠けると,誰かが一週間に二回やらなきゃいけないじゃん.」
「それだけか?俺の存在意義って.」
「いや,違う違う.今のは間違いだ.えーと,アレだアレ.正義の味方がさあ,酒で一週間ずっと宿直を乗り切るのは駄目だろう?だから,お前は休肝日だ.」
「休肝日かあー.」
イエローインドは泣きそうな複雑な表情で,俯いてチョップを収めた.ベルトの風車はカラカラと,力なく音を立てていた.

| | Comments (3)

December 17, 2004

現代の知られざる名工 1

セロファンテープ職人 セロ山留助(せろやまとめすけ)

セロファンテープの歴史は古い.何時,何処でセロファンテープが生まれたのか正確な事は分かっていないが,セロファンテープについての最古の記述は日本書紀に見られる.また,セロファンテープは,度々歴史の有名な逸話にも登場する.弁慶がセロファンテープで刀の修理をした事や,千利休が割れた茶碗をセロファンテープで補修した事,幼少の雪舟がセロファンテープを丸め「くっつき虫」と言いながら人の服に付けて悪戯していた話は,ご存知の方も多いことだろう.
今回は鎧や刀の修理のために盛んに作られた戦国時代から続くセロファンテープ蔵の職人,35代目セロ山留助さんを訪ねた.セロ山留助はセロファンテープ作って60年の職人である.

毎朝5時に起きるセロ山さんの一日は,裏の山でセロの木の葉を集めることから始まる.
「セロの葉ってのは,朝早く取らないと使い物にならねえんです.昼取ったセロの葉じゃ,丈夫なテープにならんのですわ.」
セロ山さんにセロの木について訊いたところ,悲しそうにこう答えた.
「昔は何処でもセロの木が生えてたもんだけどねえ,環境破壊だか何だか難しいことは分かねえけど,最近はこの山でしか見かけねえよなあ.」
さらにセロ山さんは,セロの葉を取りながらセロファンテープの名前の由来を教えてくれた.
「最初は,セロの葉でくっ付ける物ってえ事で『セロ葉貼付(セロハチョウフ)』って名前だったんですけどねえ,『貼付』が慣用読みの『テンプ』ってのに変わって,『セロハテンプ』ってえのになって,『セロファンテープ』ってえのになったんでさあ.」
山で集めたセロの葉は二日間日光に当てて乾燥させ,石臼で挽いて粉にし,水に漬けて一昼夜日陰に置く.粉を漬けた水は汁セロと呼ばれている.汁セロを壷に入れて封をし,一年間蔵に寝かせる.この一年の間に,セロの葉に付いていたセロ菌が汁セロを醗酵させ,全体が固まり,氷の塊のようになる.この塊は固いセロ,略して固セロと呼ばれている.
「固セロってのは,充分に醗酵してなかったり,醗酵し過ぎたりするてえと,透明なセロファンテープにならないんでさあ.」
セロ山さんは固セロを愛しそうに撫でながら,こう教えてくれた.
固セロを湯煎すると溶けて,粘性のある液体になる.この液体は再汁セロと呼ばれ,冷めると再び固くなる.完全に固まる前の耳たぶの固さになったところで,棒を使って普段私達が使っているセロファンテープの厚さになるまで薄く延ばす.
セロ山さんは,手早く延ばしながらこう語った.
「セロ煮3年,延ばし10年っていうくらい延ばしってのは,骨がおれまさあ.手早く延ばさないと,また固まっちまいますから.」
セロ山さんは延ばし終えた後,休みながら話した.
「この延ばす棒は,『セロ棒』っていいましてねえ,セロの木で作った棒でさあ.他の木から作った棒じゃあ,こうは延ばせねえ.やっぱりセロで作った物同士,相性がいいんですかねえ.」
延ばしたセロを折りたたみ,セロ切り包丁で等間隔に切る.これを冷水と細かい砂で磨き,滑らかにするとお馴染みのセロファンテープのテープが出来上がる.このテープの片側にセロの木の樹液を煮詰めて作った糊を塗り,芯に巻きつけるとセロファンテープとなる.セロファンテープの芯は今でこそ紙で出来ているが,昔はセロの木で出来ていたそうだ.
「やっぱり最後ってえのは,気を使うねえ.これで全部が台無しになっちまうことだってあるんだ.」
そして,今回話を伺った最後にセロ山さんは,寂しそうにこう呟いた.
「あっしの後を継いでくれる者がいねぇ事が,悲しいねえ.手作りセロファンテープってのが廃れるのも,時代の流れなのかねぇ.寂しいもんでさあ.でも,やっぱし留めるなら手作りセロファンテープだと思うねぇ.機械で作ったセロファンテープじゃ,物は留められても人の心までは止められねえよなあ,って古い人間のあっしは思いまさあ.」

| | Comments (4)

ハリー・ポッターと愉快な仲間達

昨日は仕事で更新できなかったので,今日は二回更新目標.

ハリー・ポッターの新しいDVD「アズカバンの囚人」が出たらしい.ハリー・ポッターに特に興味があるわけでないのだが,なんとなく映画は一作目の「賢者の石」から見ている.「アズカバンの囚人」も見たのだが,ハリー・ポッターの映画は回を重ねる毎に気になってくることがある.誰もが気になることだろうが,やっぱり私も気になる.
「登場人物が成長し過ぎだろ」.原作の登場人物の年齢よりも明らかに上の年齢じゃないか.原作の幼さの残るであろうハリー・ポッターと愉快な仲間達,映画に出て来る思春期全開の中高生みたいなハリー・ポッターと愉快な仲間達,違いすぎないのか?といっても,原作を読んだ事はないので,知らないで適当に書いているのだが.

映画のキャラクターと違い,実際の役者の彼らは,思春期街道驀進中の青春真っ只中だ.役者の中に気になる子が出来たり,逆に気に入らない子が出来たり.好きなアーティストの好きな曲だけを集めて編集してオリジナルMDを作ったり.そのMDを友達と貸し借りしたり.毛が生えて悩んだり,逆に毛が生えなくて悩んだり.学校帰りにエロ本を拾ってドキドキしながら走って帰ったり.
最早,映画撮影とか魔法がどうとか,そんな物に集中できない.大人になって振り返るとちょっと恥ずかしい,甘酸っぱい青春街道を突き進む.ある意味,魔法よりもファンタジーだ.

次回の映画は「ハリー・ポッターとビバリーヒルズ青春白書」.

| | Comments (5) | TrackBack (1)

December 15, 2004

ラジオ体操第三

ラジオ体操第二の存在意義が分からない.第一で足りない運動を後から付け加えた体操なのか?しかし,ラジオ体操第一,第二を足したところで,大した運動にならない.ラジオ体操第二など足さなくても良かったんじゃないのか?ラジオ体操第一だけで,「少し体を動かしてみる体操」として成り立ってしまうのではないか?
そんな存在意義がよく分からないラジオ体操第二だが,特に分からないのが「頑張るポーズ」の運動だ.二の腕に力瘤を作るように両腕を曲げ,膝をバネにしてワシワシと屈伸.何だこの運動は.しかも,やってて少し恥ずかしい.

しかし,ラジオ体操第二にも増して訳が分からないのはラジオ体操第三以降だ.
・ラジオ体操第三
第二の「頑張るポーズ」の体操だけがひたすら続く.
・ラジオ体操第五
音楽に合わせてパンツを脱いで穿いて,上げて下ろしてを繰り返す.
・ラジオ体操第十
十の難易度は高い.音楽に合わせて「あん馬」の体操.
・ラジオ体操第十五
体の関節を曲がらない方向に曲げてみる体操.
・ラジオ体操第二十
折り畳み携帯電話をカパカパさせて,携帯電話にも体操させる.
・ラジオ体操第二十一
折り畳み携帯電話を折り畳めない方に折り畳む体操.
・ラジオ体操第五十六
冷やし中華にちょっと変わった具を乗せて誰もいない部屋で一人で寂しく食べ,「あっ,これおいしい」とつぶやいてみる体操.
・ラジオ体操第八十三
詩を作ってみては涙を流したり,星に願いを懸けて夢を見たりする体操
・ラジオ体操第百十七
背中の翼を広げ,大空に飛び立つ体操.
・ラジオ体操第二百一
他のラジオ体操仲間と合体し,鉄血合体ロボ「ゴッドビスマルク」になって地球を守る.
・ラジオ体操第二百五十
ラジオ体操第二百五十までをネタにブログに書く体操.

この記事で私はラジオ体操二百五十まで終了.ラジオ体操第八十三は,一人やったけれど恥ずかしかった.

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 14, 2004

サンバイザー ハゲ

世の中には色々な禿げ方がある.その中で「これはどうだろう」と思わざるを得ないのは通称「サンバイザー禿」だ.通称といっても自分で勝手に言っているだけだ.
頭頂部から禿が進行すると,前髪,こめかみ及びモミアゲ,後頭部の髪が残り,帽子をかぶったようになる.これを河童禿,ザビエル禿と呼ぼう.サンバイザー禿はさらにその先のハゲだ.ザビエル禿が進むと前髪が離島のように独立して,サンバイザーのツバのようになる.これが,サンバイザー禿.これは河童禿,ザビエル禿の最終形態といっていい.サンバイザー禿の人ほど,何故か前髪がやけに長かったりする.もう諦めて前髪を剃ってしまえばいいと思うのだが,そうはいかないのか?実は本当に前髪でサンバイザーの様に日光で眩しくなるのを防いでいるのか?それとも最後の望みをそこに懸けているのか?はたまた何かの封印か?

・引っこ抜くと煙と共に魔人が現れ,願いを三つ叶えてくれる

・物を掴んだり,水を吸い込めばシャワーとしても使える象の鼻の様なもの

・全ての体毛と体の中で繋がっていて,前髪を引っ張ると体毛が体の中に引っ込む

・怒った時に逆立って自分を大きく見せるための威嚇用

・短冊を吊るすと願いが叶う

ありもしない事を想像して,自分の中のサンバイザー禿の前髪を引っ張りたい欲を焚きつけてみる.

| | Comments (0)

December 13, 2004

今日は少しローテンション

最近の携帯電話の着信音は,音楽だったり,歌だったり,喋りだったり,と色々な種類がある.
でも,色々あるのは着信を知らせる電話の音だけでいいのか?昔からお湯が沸いたのを音で知らせてきたヤカンは,それでは納得しないだろう.電話ばっかり可愛がりやがって,ということになるんじゃないのか?

そんなことで未来のヤカンは喋る.
「お湯が沸いたよ.熱いよ,熱いよ.」
うるさい.これで止めないと更にうるさくなる.
「いや,マジ熱いって.洒落んならねぇ.ヤカンの虐待だって.」
一体何様のつもりだ.ヤカンの分際で熱がるな.ヤカンが喋るのなら,炊飯器だって黙ってられない.
「偶にはコシヒカリを炊いてくれよー.頼むよー.魚沼のやつ頼むよー.安い米は,もう飽き飽きだよ.」
冷蔵庫も着喋る.
「最近牛肉冷やしてないよねえ.あっ,余計なお世話だけど,子供にステーキと言って豚肉焼いて出すのはもうやめたら?」
本当に余計なお世話だ.どうでもいいが,焼いた豚肉をステーキだと信じ込ませて食べさせていたのは,私の母親だ.オーブンがチーンと鳴る代わりに喋る.
「おぼっちゃんにクッキーが焼きあがりましたぜ.あっしは食べられないクッキーが焼きあがりましたぜ.さぞ,うまいことでしょうなあ.あっしは食べられないんだけど.ああ,気を使わないでくだせぇ.」
オーブンに気を使ってたまるか.風呂も沸いたことを知らせようと喋る.
「マサコさん.沸いてるわよ!早く火を止めなさい.煮えたぎったお湯に年寄りを入れる気!」
風呂が喋っているのか?本当は,給湯器の中にちっちゃい姑が入っているんじゃないのか?鍋まで調子に乗って喋る.
「マサコさん.こんな塩っ辛い味噌汁飲ませて,高血圧で殺す気かしら?」
なんだか未来は物凄い事になっている.でも,マサコさんって誰?
勿論,未来の姑も喋る.
「マサコさん,全く毎朝何時まで寝ているのかしらね.」
あっ,今の姑も喋るか.まあとにかく誰だか知らんが,マサコさん頑張れ.

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 10, 2004

代替魚と愉快な仲間達

スーパーで売られている「シシャモ」は,正確には「シシャモ」ではない.本当の名前は「カペリン」.「カラフトシシャモ」とも呼ばれ,アラスカで獲れる魚だ.本物のシシャモは,北海道の一部でしか取れない上,漁獲量もカペリンよりもずっと少ない.シシャモがカペリンのように市場に大量に出回ると,シシャモはすぐに絶滅しまう.そんなシシャモの絶滅を防ぐべく投入されたカペリンは,シシャモの代替魚と呼ばれている.

代替魚なのはシシャモだけではない.冷凍の白身魚のフライなんてのも,代替魚が使われている.一見タラの身のようだが,ほとんどはタラではない.メルルーサやホキという変な名前の魚だ.メルルーサはロールプレイングゲームの敵キャラみたいな名前だし,ホキなんかは,一字換えればホセだ.謎のメキシコ人みたいな名前になってしまう.
他にも,マイワシの代替魚がハダカイワシだったり,色々な代替魚が世の中に出回っている.

魚ですらこのように代替が沢山ある.魚の他にも,知らない所に「代替」が存在するのかもしれない.

母親が突然の告白.
「御免なさい.今まで黙っていたけど,お父さんは,本当の父親じゃないの.」
代替父だ.
「じゃあ,本当のお父さんは誰?」
「隣のおじさんが,本当のお父さんよ.」
もう,代替父の騒ぎどころではない.

柴犬のポチが,突然の告白.
「おやっさん,すんません.柴犬のポチとして可愛がってもらいやしたが,本当は違うんでさぁ.」
代替犬だ.背中のチャックが開き,ドーベルマンが出て来る.
「ドーベルマンのシルベスターです.」
ポチは,いつからドーベルマンだったんだ?初めからか?その前に,チャックに気が付かない飼い主も飼い主だ.
猫まで突然の告白.
「ごめんニャ,私も猫のミケとして可愛がってもらったんですけど……」
今度は代替猫だ.背中のチャックが開き,隣のおじさんが出て来る.
「隣のおじさんです.」

白身魚のフライが突然の告白.
「済みません,おいしく食べてもらっているんですけど.本当は違うんです.」
代替魚か?タラじゃないことくらい分かっている.そんな告白には驚かない.
「どうせタラじゃないっていうんだろう?ホキか?」
「済みまセーン.違いマース.ホセ,デース.メキシコから来まシータ.」
メキシカンハットを被ったホセが,マラカスを振りながら陽気に白身魚のフライから飛び出す.

伊勢神宮が衝撃の発表.
「長い間ご愛顧いただいた伊勢神宮ですが,いままで隠していました.」
代替神社だ.
「本当はホセ神宮デーシタ.」
社殿から飛び出したホセは,メキシカンハットを被り,陽気にマラカスを振る.

友人達も突然の告白.
「俺,本当は『田中』じゃないんだ.本当は『佐藤』なんだ.」
代替友だ.背中のチャックが開き,佐藤が出て来る.あれ,じゃあ佐藤は?
「俺,本当は『佐藤』じゃないんだ.本当は『田中』なんだ.」
背中のチャックが開き,佐藤が出て来た.ややこしい.はっきり謂ってしまえば,田中でも佐藤でもどっちでもいい.
「そして,俺は.」
山田の背中のチャックが開き,山田が出て来た.これは代替でも何でもない.無駄なことをしないでくれ,山田.
「実は,俺も本当は『隣のおじさん』じゃないんだ.」
どこからともなく隣のおじさんが現れ,背中のチャックが開く.代替隣のおじさんだ.
「本当は,ホセ,デース.」
メキシカンハットを被り,陽気にマラカスを振る.

今回のまとめ.
・スーパーで売っているシシャモはカペリン
・柴犬の中身はドーベルマン
・山田は山田
・本当のお父さんはホセ

| | Comments (4)

December 09, 2004

牛糞合戦

猿蟹合戦で,子蟹に手を貸す仲間は一体何事なんだ?
多少の違いはあるものの,仲間は栗,蜂,針,牛の糞,臼だ.この牛の糞ってのは何事だ.全く頼りにならなそうな存在感.他の仲間の足を引っ張りかねない.

しかし,そんな頼りなさそうな牛の糞だが,猿に復讐を果たす場面では,そこそこの活躍をする.ご存知だろうが,復讐の場面はこんな感じだ.
帰ってきた猿が冷えたからだを暖めようと囲炉裏に当たると,火のそばに隠れて熱くなった栗が猿目掛けて弾ける.「熱い熱い」と火傷した部分を冷やそうと水瓶を開けると中に潜んでいた子蟹が猿の指を挟む.水が駄目なら味噌を塗って冷やそうと味噌桶を開けると,中から蜂が出てきて猿を刺す.これはたまらん,と布団に逃げ込むと隠れていた針が猿に刺さる.もう外に逃げるしかないと外に飛び出したら,牛の糞を踏んでズルッと滑って引っ繰り返る.そこへ,屋根の上から臼が落ちてきて猿はぎゃふんとなる.

もし,桃太郎の仲間に牛糞が加わっていたらどうだろう.そこそこの活躍をしてくれるのか?
「桃太郎さん,桃太郎さん,腰に付けた黍団子.私にも一個下さいよ.」
桃太郎が見下ろすと,牛の糞,略して牛糞だ.猿蟹合戦での活躍は,桃太郎も聞いている.仲間にいてもいいだろうと,黍団子を牛糞にあげることにした.牛糞に渡した黍団子を見て,顔をしかめる犬,猿,雉.
「あーあ,折角のきびだんごが,うんこ塗れじゃないかよ.牛糞って本当に黍団子喰うのか?」
犬,猿,雉の心の声が聞こえてきそうだ.
そんな牛糞を加えた桃太郎と愉快な仲間達御一行は,鬼が島に上陸し,鬼と一戦を交える.
先陣を切ったのは牛糞.予定外の自分を仲間に加えてくれた恩に報いなければならない.鬼の前に突撃し寝そべると,鬼は牛糞を踏んで,ズルッと滑って引っ繰り返る.それを見た桃太郎,今がチャンスと鬼に飛び掛るが,桃太郎まで牛糞踏んでズルッと滑って引っ繰り返る.後に続いた犬と猿もズルッと滑って引っ繰り返る.猿は猿蟹合戦に続いて,二度目の失態だ.それを空から見た雉は大笑い.腹を立てた猿が牛糞を投げると,雉に大当たり.雉は牛糞塗れで地面に落ちる.鬼と桃太郎と愉快な仲間達は,みんなまとめて牛糞塗れ.臭いやら,馬鹿馬鹿しいやらで鬼退治は,どうでもよくなってしまうことだろう.

桃太郎だけ牛糞塗れは可愛そうだ.金太郎にも牛糞を出してみよう.
熊を相撲で投げ飛ばす金太郎は,森の動物達の総大将.この辺に相撲で金太郎に勝てる相手はいない.そんな金太郎に戦いを挑むのは牛の糞,略して牛糞だ.
「ちょっと,僕と勝負しようよ.」
いくら相撲好きの金太郎でも牛糞なんかと相撲を取りたくない.しかし,逃げたとなると金太郎の名前に傷が付く.仕方なく相撲を取るが,金太郎は開始早々,牛糞を踏んでズルッと滑って引っ繰り返る.勝負は牛糞の大金星.それを見ていた森の動物達は大笑い.「金太郎が牛糞に負けた」という話は瞬く間に山に広がってしまった.
そして,金太郎は森の動物から
「金太郎ってあんなに威張っていたくせに,牛糞に負けたらしいよ.」
「負けた後,うんこ塗れになったらしよ.」
「あれから毎日うんこ喰ってるらしい.」
あることない事囁かれる.最早,金太郎にかつての栄光はない.

よし,こうなったら,浦島太郎にも出してしまおう.
苛められている牛糞を助けた浦島太郎は,お礼に「竜糞城」に連れて来られた.牛糞,馬糞の舞い踊りでもてなされるが,一刻も早く帰りたい浦島太郎.半ば強引に竜糞城を飛び出すと,糞姫様に絶対開けては駄目と玉手箱を渡された.開けるまでもなく,そんなお土産必要ない.家に帰った浦島太郎は,燃えないゴミの日に玉手箱を集積場に放り投げると地面に落ちたショックで蓋が開く.中からは,モリモリと考えられない量の牛糞が出てきて辺り一面糞塗れ.

ええい,面倒だ.猿蟹合戦で猿と戦うのも全部牛糞にしてしまえ.
帰ってきた猿が冷えたからだを暖めようと囲炉裏に当たると,火のそばに隠れて熱くなった牛糞が猿目掛けて弾け飛ぶ.「熱い臭い」と火傷した部分を洗って冷やそうと水瓶を開けると水瓶の中は,牛糞が溶けた水.「ギャー」とショックを受けた猿は,味噌を塗って冷やそうと味噌桶を開けると味噌と牛糞が混じった物.これはたまらん,と布団に逃げ込むとベッチョリと一面の牛糞.もう外に逃げるしかないと外に飛び出したら,牛の糞を踏んでズルッと滑って引っ繰り返る.そこへ,屋根の上から大量の牛糞が落ちてきて,猿は牛糞塗れ.
猿はたまらず,「ぎゅふん」と叫んだとさ.牛糞だけに.

うわっ,何だこのオチ….

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 08, 2004

一日転調

アイドルの人は大変そうだ.よく「一日…」で,色々な職業をしなければならない.「一日警察署長」とか,「一日駅長」とか,「一日店長」とかそいうあれだ.

「今日は,一日原子力発電所制御技師として頑張っちゃいます!核融合炉を制御するぞー.おー!」
張り切るのは構わないが,アイドルが原子力発電所制御技師になるのは止め給え.
「あたなのハートを核融合!よく分かんないけど,えい!」
とボタンを押せば,原発が一基丸ごと吹き飛ぶ.ああ,謂わんこっちゃない.

「今日は,一日ドイツ人として頑張っちゃいます!昼間からビール飲んじゃうぞー.おー!」
確かに,昼間に飲むビールはうまいが,アイドルが公衆の面前でそんなことしちゃいけません.
「ちょっとぉー.あたしー飲みすぎちゃったみたい.うっぷ.」
もう最悪だ.電柱の前にしゃがみ込んで吐くんじゃない.その前に,ドイツ人は職業じゃないぞ.

「今日は,一日小野妹子として頑張っちゃいます!遣隋使として隋に渡っちゃうぞー.おー!」
ああ,また訳の分からない仕事を引き受けてるアイドルが….小野妹子は男なので注意が必要だ.

「今日は,一日フロリダカミツキガメとして頑張っちゃいます!遣隋使で隋に行っちゃうぞ.おー!」
益々,訳の分からない事になっている.しかし,フロリダカミツキガメは隋に行かないことは確かだ.

「今日は,一日八木アンテナとして頑張っちゃいます!テレビの電波受信しちゃうぞー.おー!」
電波な人とかそういうやつか?とにかく頑張れとしか謂いようがない.

さて,アイドルよりも大変なのは,アイドルの穴を埋めるべく,代わりに「一日アイドル」をやることになった警察署長や駅長,店長だ.
警察署長や消防署長が歌って踊る.駅長は笛をピーピー吹き鳴らす.関係ない郵便局長まで出て来て切手を売り出す始末.店長は商品を舞台に並べる.制御技師が核燃料棒を振り回せば,ドイツ人は何をすればいいのか分からずに右往左往する.小野妹子と遣隋使ダンサーズは,隋仕込みのダンスで盛り上げようと必死になる.フロリダカミツキガメは,ひたすら八木アンテナに噛み付く.

アイドル達が「一日…」をやる裏で,地味にやってる「一日アイドル」.アイドルよりもこちらに注目するべきではないのか?

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 07, 2004

ハリーポッターと魔法瓶

魔法瓶って,言い過ぎじゃないか?たかがお湯を冷まさないだけじゃないか.魔法とは言わんだろう.それとも,この瓶が考案された時は,画期的だったのか?

「部長,凄い物が出来ました.」
開発者は,発明品を持って部長の部屋へ駆け込んできた.
「何かね.下らん物だったら困るよ.」
部長は椅子に座ったまま,つまらなそうに開発者を見上げた.
「実はですね,この中にお湯を入れると….」
開発者は発明品にニコニコしながらお湯を注いだ.
「それがどうしたのかね?またつまらん物を作りおって.君の開発には冗談で済まされない額がつぎ込まれているのだぞ.」
「これで2時間程待っていただけますか?」
「こっちも忙しいんだよ.待ってもいいが,大したことじゃなかったら君の首が飛ぶから覚悟しなさい.」
-----2時間後-----
「ところで部長,お茶飲みませんか?」
「もう2時間経っとるぞ.辞める覚悟は出来ているね?」
「それでは,私と飲む最後のお茶だと思ってお付き合い下さい」.
急須にお茶の葉を入れ,自信満々に発明品から液体を注ぐ.
「2時間前の冷めたお湯でお茶なんか飲む気なんかせん!今すぐ荷物をまとめて….って,えっ?」
発明品から注がれる液体からは上がる湯気に目を見張る.冷めたはずのお湯から湯気が上がっているのだ.
「まさか,この湯気は….どういうことかね.2時間前のお湯はまだ熱いのかね?」
開発者は無言で部長に淹れたお茶を差し出す.部長は一口すすり,驚愕した.
「あちっ.何だこれは.まだ熱いじゃないか?どうして,どうして….説明したまえ!」
「これが私の発明です.」
開発者は誇らしげに答えた.
「奇跡だ.奇跡が起こった.ここに神が舞い降りた.熱い熱いぞ.お湯が熱いぞー.」
興奮し,お茶が熱いことを忘れて一気に口に含み,お茶を噴き出した.
「おお.熱いことを忘れておった.ところで,この発明品の名前はもう決まったのかね?」
口の中を火傷した部長.しかし,興奮は収まらない.
「是非,部長が名前を付けてください.」
「神の瓶で,神瓶.いや違う.奇跡瓶.これも違う.うーむ.何か違う.」
「部長!魔法がかかっているようなこの発明品にいい名前を.」
「魔法だと?そうだ魔法だ.魔法瓶だ!これでどうかね?」
「素晴らしいです.魔法瓶と呼びましょう.」
二人は魔法瓶こと発明品を高々と掲げ,部屋の中でスキップしながら歓喜の声を上げた.
「うっひょー.うっひょー.うっひょー.」
高々と掲げられた魔法瓶からは,熱湯が興奮冷めない二人にいつまでも降り注いだのあった.

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 06, 2004

あだ名刑事

刑事ドラマなどではお互いをあだ名で呼び合う.警察では本当にあんなことやっているのか?

「今日から赴任してきた新人の二階堂三郎君だ.早速で悪いが,君のあだ名はジーンズを穿いているから『ジーパン』だ.」
「あっ部長,『ジーパン』はもういます.」
「そうか.じゃあジーパンつながりで『ケミカルウォッシュ』だ.」
憐れ,二階堂三郎君は穿いていないのにケミカルウォッシュと呼ばれるのだった.でも,まだ良かったのかもしれない.
「今日から君は『ネットアイドル萌子ちゃん』だ.」
「今日から君は『象の落し物』だ.」
「今日から君は『10代しゃべり場』だ.」
「今日から君は『お達者倶楽部』だ.」
「今日から君は『一人ジャクソン5』だ.」
などと言われたら,二階堂君は立ち直れない.

きっと,捜査会議でもあだ名で呼ぶことになっているだろう.
「『警視総監御子息誘拐事件』解決のために君達に集まってもらった.今日から動員された人も多いから,今までの進展を簡単に報告してもらう.じゃあ早速,誘拐現場周辺の地理に関して.ストーカー,報告してくれ.」
ストーカーっていうあだ名もどうかしている.
「えー,周辺は住宅地となっておりまして,…」
ストーカーの恐ろしく詳細な報告が続く.
「最後になりますが,私は警視総監宅の向かいに住む女子高生を以前からよく観察しておりますので,この辺の地理はお任せ下さい.」
誘拐犯の前にストーカーを逮捕しろ.
「ご苦労.マカロニ,聞き込み結果を報告してくれ.」
「えーと,ですね.警視総監宅の隣に住む主婦の話では…」
マカロニの足を使った捜査の成果が報告される.
「あっ,最後に御子息はマカロニグラタンが好物らしいです.向かいの女子高生もマカロニグラタンが好物との事です.」
そんな報告いらない.それから,ストーカーは女子高生の情報をメモするのを止めなさい.
「それじゃあ,メールで寄せられた情報の報告を.エロサイト,頼む.」
「エロサイト宣伝スパムが多く寄せられるのですが,中には目撃情報のメールが…」
電脳刑事,エロサイトの理路整然とした報告が皆を驚かせる.
「メールは,スパムも含めて全部読みました.サイトにもアクセスして隅から隅まで調べましたよ.えへへ.」
何が「えへへ」だ.
「よし,証拠品についての報告.超魔術.」
超魔術は,ズボンのポケットから大きなバールの様な物を取り出す.
「このバールの様な物で,ですねえ.警視総監宅のドアを…」
そのバールの様な物,どうやってポケットに入れたのだ.
「えー,種も仕掛けもありません.ハンドパワーです.」
「じゃあ,最後にワオキツネザル,何かあれば補足してくれ.」
「わお!」

あだ名で呼び合う捜査会議,怪しい事になっている.参加者も怪しい.警視総監の子供を攫ったのは,多分,この中の誰かだ.比較的普通のマカロニが,逆に怪しい気がする.

| | Comments (4)

December 03, 2004

分からない風

「…風…」という物は,よく分からない物が多い.
「和風ハンバーグ」,「広島風お好み焼き」,「和風建築」などは,まだ分かる.しかし,「…風…」という名前の物には,分かったような分からないような物が多い気がする.

「ミラノ風ピザ」
ミラノ行ったことないから分からない.ナポリ風ピザを出されても分からないだろうなあ.

「手焼き風煎餅」
お菓子売り場で見かける.何だ手焼き風って?ロボットが一枚一枚心を込めて焼いているのか?

「炭火焼風やきとり」
結局何で焼いたのさ.

「チキンの小悪魔風」
小洒落たレストランにあるけど.「小悪魔風」ってのが分からん.

「カニ風かまぼこ」
これは分かる.カニかまぼこのことだな,うん.

「カニ風エビ」
どっちだよ.

「エビ風カニ?」
訊かれても,知らん.

「サイババ風頭」
それは,だだのデカイアフロ.

「お風呂」
これは,フロでしょ?

「お風呂風?それともご飯風?」
それじゃあ,お風呂風で.

「赤い風船」
お譲ちゃん,もう手を離しちゃだめだぞ.

「破傷風発病」
呑気なこと謂ってないで病院へ行ってこい.

「台風上陸」
急いで雨戸を閉めろ.

話が反れて,「…風…」が益々分からなくなったので,今回はこれで終わり風.

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 02, 2004

海人以外の人へ

沖縄では,海に生きる人を海人(ウミンチュ)と呼ぶ.海と戦い,海と共に生きる勇ましい人達だ.
しかし,この世知辛い現代では,日々何かと戦い,何かと共に生きている人達が,海人の他にもいるのではないだろうか?私は,そんな海人程知られずとも,必死に現代を生き抜く彼らにエールを贈りたい.

「お前なぁ,ここが山だったら死んでたぞ」,「そこに山があるから登るんだ」,「御飯は山盛りで」.話に矢鱈と山が出て来る人,それは山人(ヤマンチュ)だ.山と戦い,山と共に生きる.急斜面を登り,雪渓を渡り,そして「もう,山の話はいいよ」という,周囲の人達から吹き降ろす冷たい風と戦う.そんな勇ましい人達だ.頑張れ山人!登れ小槍!踊れアルペン踊り!

ラーメンを食べると麺より汁の方が先になくなってしまう.人が食べているラーメンの汁を「一口くれ,一口くれ」と執拗なまでに欲しがる.そんな人は汁人(シルンチュ)だ.汁人は,汁がなくなって乾いた麺を啜り,人に鬱陶しいと思われながら汁を貰って飲む.汁人なりに色々なものと戦い,汁と共に生きる.頑張れ汁人!飲み干せ汁を!他人の汁まで!

「人間だもの」など,相田みつをのようなことをよく言う.カラオケで入れる曲は武田鉄矢や海援隊.そんな人は人人(ヒトンチュ)だ.人人は誰とも戦わない.だって,人間だもの.頑張れ人人!それでも人しか愛せない!暮れなずむ街で「贈る言葉」を口ずさめ!

何故かよくキョロキョロしている.歩くと必ず首が動く.豆が好き.CDのキラキラした面を怖がる.一人で「ボーボー」と呟いている.そんな人は鳩人(ハトンチュ)だ.常に猫を恐れ,カラスを気にする.頑張れ鳩人!喰らえ豆鉄砲!追いかけてくる子供にも気を付けろ!

何にでもマヨネーズをかけて食べるマヨ人(マヨンチュ)とぺヨンジュは,言葉の響きがとても似ている.もうすぐ,韓国から来んじゃないのか?マ・ヨンチュが.頑張れマヨ人!果たせ来日!搾り出せマヨネーズ!

こんなつまらない文章を書いている私は,間違いなく暇人(ヒマンチュ)だな.まあ,そこそこ頑張れ暇人!

| | Comments (2)

December 01, 2004

変わった人

自己紹介などで,時々「私って,よく変わっているって言われるんです」,「普通じゃないとよく言われます」のような事を言う人がいる.そういう人に私は,いつも訊き返すのだが,その答えはどうも要領を得ない.何故だろう?
・「ラーメンを食べる時は,鼻からすするんですか?」
・「ひょっとして毎朝,鼻毛を全て抜いてたりします?鼻の穴の中つるっつる?」
・「まさか,3本目の腕が背中から生えているとか?」
・「食べて出して,出したのを食べてで,一人完全自給自足できるんですか?」
・「あなたは人類じゃなくて,魚類ですか?」
「えっ」という顔をされてしまう.自分が思う「変わった人」,「普通じゃない人」を挙げて聞くのだが,どうも違うらしい.「じゃあ,どこが変わってるの?」,「どこが普通じゃないの?」と聞いても,答えてくれない.聞き方が悪いのか?

「変わっている」,「普通じゃない」とよく言われる人.お願いだからどこが変わっていたり,普通じゃないのか教えて欲しい.

| | Comments (3) | TrackBack (0)

パンダ焼き

昨日(11/30)は,仕事で更新出来なかったので,今日は二本立て.

「パンダ焼き」なる物が,上野動物園の近くの店で売られている.
その店の名物なのであろう.店先に設置されたスピーカーからは,パンダ焼きをアピールする声を辺りに響かせている.その声によると,どうやらパンダ焼きは「卵がいっぱいで,あんこがいっぱい」らしい.
パンダ焼きよ,それでいいのか?たこ焼きには,たこが入っている.タイ焼きにはタイが入っているし,鉄板焼きには鉄板が入っている.今川焼きにすら,今川が入っているのだ.パンダ焼きにパンダは入れなくていいのか?
とは謂っても,パンダ肉は無理だろう.パンダは諦めよう.しかし,パンダ肉は諦めても,肉が入っていて欲しいところだ.豚でも牛でもいい.パンダ焼きは肉入りがいい.

今日は楽しみにしていた上野動物園に来たクミコちゃん.パンダ焼きの名前に惹かれたクミコちゃんは,お母さんに「買って,買って」おねだりをしてパンダ焼きを買ってもらった.パンダの形をしたかわいらしいパンダ焼き.卵と小麦粉を焼いて作った皮の中には甘い餡子がたっぷりと詰まっていることだろう.かわいいパンダと甘い餡子,それだけでクミコちゃんはニコニコだ.一口食べてみるクミコちゃん.想像に反して,卵と小麦粉の皮の中にはドロリとした液体と肉の塊が….
クミコちゃんは,売り場のお姉さんに聞いた.
「おねえちゃん,これって何のお肉なの?」
「それはね,パン.あっ,じゃなくてね.おいしいお肉でしょ?」
「パンダさんのお肉なの?」
クミコちゃんは,泣きそうだ.
「おいしいでしょ?」
お姉さんはニヤリと不気味な笑みを浮かべた.
「えーん.」
クミコちゃんよ,それは豚の角煮だ.

|

« November 2004 | Main | January 2005 »