« 一日転調 | Main | 代替魚と愉快な仲間達 »

December 09, 2004

牛糞合戦

猿蟹合戦で,子蟹に手を貸す仲間は一体何事なんだ?
多少の違いはあるものの,仲間は栗,蜂,針,牛の糞,臼だ.この牛の糞ってのは何事だ.全く頼りにならなそうな存在感.他の仲間の足を引っ張りかねない.

しかし,そんな頼りなさそうな牛の糞だが,猿に復讐を果たす場面では,そこそこの活躍をする.ご存知だろうが,復讐の場面はこんな感じだ.
帰ってきた猿が冷えたからだを暖めようと囲炉裏に当たると,火のそばに隠れて熱くなった栗が猿目掛けて弾ける.「熱い熱い」と火傷した部分を冷やそうと水瓶を開けると中に潜んでいた子蟹が猿の指を挟む.水が駄目なら味噌を塗って冷やそうと味噌桶を開けると,中から蜂が出てきて猿を刺す.これはたまらん,と布団に逃げ込むと隠れていた針が猿に刺さる.もう外に逃げるしかないと外に飛び出したら,牛の糞を踏んでズルッと滑って引っ繰り返る.そこへ,屋根の上から臼が落ちてきて猿はぎゃふんとなる.

もし,桃太郎の仲間に牛糞が加わっていたらどうだろう.そこそこの活躍をしてくれるのか?
「桃太郎さん,桃太郎さん,腰に付けた黍団子.私にも一個下さいよ.」
桃太郎が見下ろすと,牛の糞,略して牛糞だ.猿蟹合戦での活躍は,桃太郎も聞いている.仲間にいてもいいだろうと,黍団子を牛糞にあげることにした.牛糞に渡した黍団子を見て,顔をしかめる犬,猿,雉.
「あーあ,折角のきびだんごが,うんこ塗れじゃないかよ.牛糞って本当に黍団子喰うのか?」
犬,猿,雉の心の声が聞こえてきそうだ.
そんな牛糞を加えた桃太郎と愉快な仲間達御一行は,鬼が島に上陸し,鬼と一戦を交える.
先陣を切ったのは牛糞.予定外の自分を仲間に加えてくれた恩に報いなければならない.鬼の前に突撃し寝そべると,鬼は牛糞を踏んで,ズルッと滑って引っ繰り返る.それを見た桃太郎,今がチャンスと鬼に飛び掛るが,桃太郎まで牛糞踏んでズルッと滑って引っ繰り返る.後に続いた犬と猿もズルッと滑って引っ繰り返る.猿は猿蟹合戦に続いて,二度目の失態だ.それを空から見た雉は大笑い.腹を立てた猿が牛糞を投げると,雉に大当たり.雉は牛糞塗れで地面に落ちる.鬼と桃太郎と愉快な仲間達は,みんなまとめて牛糞塗れ.臭いやら,馬鹿馬鹿しいやらで鬼退治は,どうでもよくなってしまうことだろう.

桃太郎だけ牛糞塗れは可愛そうだ.金太郎にも牛糞を出してみよう.
熊を相撲で投げ飛ばす金太郎は,森の動物達の総大将.この辺に相撲で金太郎に勝てる相手はいない.そんな金太郎に戦いを挑むのは牛の糞,略して牛糞だ.
「ちょっと,僕と勝負しようよ.」
いくら相撲好きの金太郎でも牛糞なんかと相撲を取りたくない.しかし,逃げたとなると金太郎の名前に傷が付く.仕方なく相撲を取るが,金太郎は開始早々,牛糞を踏んでズルッと滑って引っ繰り返る.勝負は牛糞の大金星.それを見ていた森の動物達は大笑い.「金太郎が牛糞に負けた」という話は瞬く間に山に広がってしまった.
そして,金太郎は森の動物から
「金太郎ってあんなに威張っていたくせに,牛糞に負けたらしいよ.」
「負けた後,うんこ塗れになったらしよ.」
「あれから毎日うんこ喰ってるらしい.」
あることない事囁かれる.最早,金太郎にかつての栄光はない.

よし,こうなったら,浦島太郎にも出してしまおう.
苛められている牛糞を助けた浦島太郎は,お礼に「竜糞城」に連れて来られた.牛糞,馬糞の舞い踊りでもてなされるが,一刻も早く帰りたい浦島太郎.半ば強引に竜糞城を飛び出すと,糞姫様に絶対開けては駄目と玉手箱を渡された.開けるまでもなく,そんなお土産必要ない.家に帰った浦島太郎は,燃えないゴミの日に玉手箱を集積場に放り投げると地面に落ちたショックで蓋が開く.中からは,モリモリと考えられない量の牛糞が出てきて辺り一面糞塗れ.

ええい,面倒だ.猿蟹合戦で猿と戦うのも全部牛糞にしてしまえ.
帰ってきた猿が冷えたからだを暖めようと囲炉裏に当たると,火のそばに隠れて熱くなった牛糞が猿目掛けて弾け飛ぶ.「熱い臭い」と火傷した部分を洗って冷やそうと水瓶を開けると水瓶の中は,牛糞が溶けた水.「ギャー」とショックを受けた猿は,味噌を塗って冷やそうと味噌桶を開けると味噌と牛糞が混じった物.これはたまらん,と布団に逃げ込むとベッチョリと一面の牛糞.もう外に逃げるしかないと外に飛び出したら,牛の糞を踏んでズルッと滑って引っ繰り返る.そこへ,屋根の上から大量の牛糞が落ちてきて,猿は牛糞塗れ.
猿はたまらず,「ぎゅふん」と叫んだとさ.牛糞だけに.

うわっ,何だこのオチ….

|

« 一日転調 | Main | 代替魚と愉快な仲間達 »

Comments

記事自体、まさに牛糞塗れじゃないですかぁぁぁ!!

顔がね、しばらく戻りませんでしたよ。
ぐぉ~~~って顔がね。

玉手箱の煙もいやだけど、やっぱり牛糞は・・・・

いやぁぁぁぁぁぁ!!!!!!

ぎゅふん!

Posted by: コングBA | December 10, 2004 at 01:00 PM

ぎゃははははー

パック中だったのに、せっかくのパックが・・・
あぁぁぁぁ

ぎゅふん!

Posted by: ちろりん | December 10, 2004 at 05:00 PM

2~3日は名古屋名物
「味噌カツ」「味噌煮込み」「味噌おでん」
食べたくないかも・・・
これがホントのミソクソかしら?
いやぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!
ぎゅふん! 

Posted by: クレオ | December 10, 2004 at 09:00 PM

コングBAさん
自分でも書いてていかがなものかと思ってました.子蟹もどうかと思うけど,牛糞を気に入った自分もどうかと思います.

ちろりんさん
猿に続いてちろりんさんも牛糞の犠牲に….

クレオさん
そういえば,愛知県は味噌の国でしたね.ああ,ごめんなさい.

やっぱり,お約束いかないと駄目ですかねえ.
ぎゅふん.

Posted by: JC若鶏 | December 10, 2004 at 11:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44792/2211194

Listed below are links to weblogs that reference 牛糞合戦:

« 一日転調 | Main | 代替魚と愉快な仲間達 »