« 12人目の選手 | Main | リサイクルリサイクル »

January 14, 2005

バイキング形式

「バイキング形式の食事」.この呼び方は完全に名前負けだ.
「バイキング」とは,8-11世紀にかけて略奪を繰り返し,ヨーロッパを震撼させた海賊達のことだ.斧を持って村人達の首を片っ端から刈っていくイメージの海賊だ.ところが,「バイキング形式の食事」は,並べられた各種の食べ物から客が自由に取り分ける形式の食事で,パーティーなどでよく見られる形式の食事.和やかな雰囲気で,思い思いに好きな食べ物を「オホホ」と笑顔で皿に盛るイメージだ.
「バイキング」と「バイキング形式の食事」のこのイメージの違いは何だ.「バイキング形式」の食事は,「バイキング」の名に相応しくないのではないだろうか.食事は手掴みで取り,皿は使わずにそのまま口へ運ぶ.手にしたジョッキからこぼしながらラム酒を飲み「ガハハ」と豪快に笑う.それくらいの勢いがあって初めてバイキングだ.
そんな疑問を孕んだバイキング形式の食事だが,「……形式の食事」には,バイキング形式の他にも様々な形式があることは知られていない.

「ステーキをご注文のお客様,裏に牛が居りますので,お好みの肉を切り取ってお持ち下さい.」
「えっ」
「ご心配されなくても,対牛用の武器は当店でご用意させていただきましたので,得意な武器をご使用下さい.それから,そちらの鴨南蛮そばをご注文のお客様,当店の前に湖がございますので,そちらで鴨を撃ってください.」
ハンティング形式の食事だ.いつでも新鮮な物をその場で提供.食材を取るのにいかに苦労したか,そんな話が食事と一緒にテーブルに上る.新鮮な食事の他に,新鮮な話題も提供してくれる.それがハンティング形式の食事だ.
それはそうと,熊鍋を注文した田中さんがいつまで経っても帰ってこないのだが,どうしたのだろう.

「すみません,お客様.ここで着ているお洋服をお脱ぎください.」
「えっ」
「当店は,全裸で食事をして頂いております.」
裸族形式の食事だ.ウエイター,シェフ,客,全員全裸.隠している物は何もない.客と店員,客と客,みんなが本音でぶつかり合える演出,それが裸族形式.しかし,店の隅でウエイター同士どっちが大きいとか,そんな事でぶつかり合ってはいけません.店員と店員が本音でぶつかり合う必要はない.

「お待たせいたしました.カルボナーラをご注文のお客様,こちらがもつ煮込みでございます.それからピッツァマルゲリータをご注文のお客様,シェフが気に入ったとのことで梅干しのお粥,半ライス,特製おじやの3品でございます.おめでとうございます.あ,サーモンとキノコのリゾットをご注文のお客様,シェフが作りたくないとのことで,料理はありません.でも,それではあまりにも可哀想ですので,私が個人的にレゴブロックを差し上げます.」
シェフの気まぐれ形式の食事だ.シェフが気の向くまま料理を作る.客の注文と違っても知ったことではない.客よりもシェフのことを一番に考えた,シェフにとことん優しい料理.それがシェフの気まぐれ形式だ.普通のレストランでも見かける「シェフの気まぐれ……」なるメニュー.レゴブロックが出てくる可能性を否定できない.

勤務時間中にこんなくだらない文章を書いている自分.仕事以外のことを一番に考え,文章を書く.気まぐれ形式の仕事.

|

« 12人目の選手 | Main | リサイクルリサイクル »

Comments

田中さ~ん!
その後が気になりまする。

うな丼とかはやさしいのかな?
あ、でも天然物となるとやっぱ難しいかも!

Posted by: | January 14, 2005 at 08:08 PM

ごめんなさい。
また名前忘れて送っちゃいました。

Posted by: クレオ | January 14, 2005 at 09:01 PM

仕事形式の気まぐれではないんですね!
なんじゃそれ?

Posted by: ちろりん | January 15, 2005 at 02:16 PM

バイキングって帝国ホテルが最初に使った言葉なんですってね!
しかも映画からとった造語!

何、マジになってんだって?
たまにはいいよね!

Posted by: コングBA | January 16, 2005 at 11:19 PM

クレオさん
田中さんは大丈夫だと信じています.

ちろりんさん
仕事が少しあったりするんですけど,気分転換とか理由をつけて文章書いてます.最近とうも気分転換の合間に仕事している感じです.

コングBAさん
帝国ホテルのインペリアル・バイキングってホテルでしたっけ.まあ,インペリアルだから相当なバイキングでしょう.親分の中の親分.片っ端から客を血祭りにあげる勢いだったことでしょう.

Posted by: JC若鶏 | January 16, 2005 at 11:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 12人目の選手 | Main | リサイクルリサイクル »