« 今日は初めての一言ネタ | Main | 牛丼祭り »

February 24, 2005

地名の悲劇

世界には,日本語で考えるとおかしな名前の地名というのがある.
有名な例は,エロマンガ島であろう.エロマンガ島とはバヌアツなる国にある島だ.何度見ても首を捻ってしまう.どうなんだろう,この名前は.しかし,エロマンガは島の名前だけではないらしい.エロマンガという地名はオーストラリアにもあるそうだ.世界的にちょっとしたエロマンガのムーブメントがあるのかもしれない.
ただの土地の名前で終わればいいのだが,変な地名が悲劇を招くのは,その名前が歴史の表舞台に立つ時である.変な地名が呼んでしまう悲劇を挙げてみた.

・スケベニンゲン
スケベニンゲンはオランダの都市だ.
もしも,封建時代,スケベニンゲンに豪華な宮殿が建てられていたら凄いことになっていた.その宮殿の名前はスケベニンゲン宮殿だ.スケベの殿堂,スケベニンゲン宮殿だ.そこを舞台にした漫画のタイトルは,当然スケベニンゲンのバラだ.オスカルだってアンドレだってただのスケベ人間に成り下がる.
さらに,ここでジャワ原人や北京原人のような原人の化石が見つかったら,もっと凄いことになる.その原人の名は,スケベニンゲン原人.略してスケベ人間だ.化石として発掘されるスケベ人間.スケベを極めた種族の化石だ.

・チンコ川
チンコ川は中央アフリカの川だ.この流域で文明が興っていたら凄いことになっていた.文明の名はチンコ文明だ.歴史の教科書でいきなり中学生を震撼させることになっていただろう.クラスの美少女も,顔を赤らめながら「チンコ文明が……」と言うのだ.えらいことになってしまう男子中学生続出.ビバ四大文明とチンコ文明.

・ヤキマンコ
ヤキマンコはロシアの地名だ.第二次世界大戦で日本に降伏を勧告した宣言が出された会談がポツダムではなく,ヤキマンコで行われていたら凄いことになっていた.「ヤキマンコ宣言」である.ヤキマンコ宣言などを受け入れていたら,日本に戦後復興はなかったであろう.何しろ焼かれるのだ.

こんな悲劇,いつか起こってくれないかなあ.

|

« 今日は初めての一言ネタ | Main | 牛丼祭り »

Comments

学生でなくて、よかった~
顔を赤らめて読んだりしなきゃいけないもの

Posted by: ちろりん | February 24, 2005 at 01:39 PM

教科書の大切な部分は
やっぱり太字なんですよね・・・
そこを蛍光ペンでチェックする学生。
そこだけテストの正解率も高いんでしょうねぇ。

Posted by: クレオ | February 24, 2005 at 07:38 PM

ちろりんさん
学生じゃないからって遠慮することはありません.さあ,大声でどうぞ.

クレオさん
そういう重要な部分に限ってテストにでないんですよね.現代の教育制度に疑問を投げかけるチンコ文明です.

Posted by: JC若鶏 | February 24, 2005 at 11:54 PM

独特のあっさりした文体で「何しろ焼かれてしまうのだ.」といわれて大爆笑しました。
すばらしい発想です。
エロマンガ島については取り上げられないのでしょうか?

Posted by: zn | September 26, 2005 at 05:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日は初めての一言ネタ | Main | 牛丼祭り »