« 薬の効能 | Main | はみ出しの魅力 »

March 24, 2005

新札の匂い

新札には,様々な偽札防止技術が盛り込まれている.しかし,いつかそんな防止技術も破られてしまうだろう.この先,さらに上の偽札防止のための技術を考えたら,匂いを付けるくらいしかないんじゃないのか?
そこで,カブトムシの匂いを付けるってのはどうだろう.
となると,やはり真贋判別のためのに匂いを嗅ぎ分けるのは重要になってくる.
銀行員などは,カブトムシの匂いに敏感になるはずだ.新入社員研修なんかもカブトムシの匂いを嗅ぐ所からスタート.角を掴まれてウネウネと動くカブトムシの匂いを嗅ぐ新卒の女子銀行員達.カブトムシの鉤爪が鼻に引っかかって悲鳴を上げる女子銀行員.ニッチなマニアに好評なことだろう.ベテランの支店長ともなると,カブトムシとクワガタの違いを嗅ぎ分けることができそうだ.
一方,偽札作りも大変だ.出来上がったばかりの偽札に必死にカブトムシを擦り付ける強面の犯罪者達.ちょっとどうかしている.
カブトムシ臭いのは金持ちのステータスだ.
「チミチミ,この店にある物全部包んでくれんかね.」
財布を開くとムワッと噎せ返るようなカブトムシの匂いと分厚い札束.カブトムシ臭い成金.
彼女の誕生日に張り切る若者もカブトムシの匂いだ.分不相応な高級レストランを予約し,見栄を張って本物のカブトムシをポケットに忍ばせる若者.かなり風流だ.

新札にカブトムシの匂いを付けるだけで世の中にワクワクが満ち溢れる

|

« 薬の効能 | Main | はみ出しの魅力 »

Comments

「将来流通すると思われる金銭の判断基準はなんだ」っていう論文を書く問題で、一言「クワガタが流通する」って絵つきで提出したつわものの友人を思い出しましたよ。

Posted by: 黒猫 | March 24, 2005 at 11:35 PM

クワガタが貨幣.なんか一周して元に戻ってきた感があります.

Posted by: JC若鶏 | March 25, 2005 at 12:12 AM

機械に読み取らせるために匂いを記号化する技術が必要になりますね。(すでに出来るのか知りませんが) カブトムシのおかげで進む技術革新。そうすれば昔あったカップヌードルかなんかの「ブラウン管に近づいて匂いをかいでみてください」というおふざけのCMも冗談じゃなくなるわけです。兄弟にだまされて傷つく小学生が減ります。胸が痛い。

Posted by: 康敬 | March 25, 2005 at 06:27 PM

やはり世の中はカブトムシの匂いを必要としているってことですね.全く違うような気がするけど.

Posted by: JC若鶏 | March 26, 2005 at 12:36 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44792/3424022

Listed below are links to weblogs that reference 新札の匂い:

« 薬の効能 | Main | はみ出しの魅力 »