« 帝王学事始 | Main | スマイル下さい »

March 07, 2005

スマイルの値段

先日,とあるハンバーガー店でハンバーガーを買ったのだが,レシートには,「スマイル 1 コ 0円」とあった.頼んでもいないのに,スマイルとレシートに書いてあったのだ.私は断じて頼んでいない.こんな事を書かれると,カウンターで「スマイルください」と寒い事を言ったみたいじゃないか.
しかし,カウンターに立っていた子は大学生のバイトらしき女の子.ここは寛大に許してあげたい.いや,スマイルを見せてくれるのなら,たとえ寒くても「スマイルください」と言っても良かった.
そんなスマイルだが,ハンバーガー屋だけでなく,他でも取り入れてみてはどうだろう.

バーのカウンターでカクテルを飲んでいると,バーテンが近寄ってきてニヤリと笑う.
「あちらのお客様から『スマイル』でございます」
あちらのお客様とやらが,こちらに軽く頭を下げる.スマイルを出されても,あちらのお客様とやらが,こっちに好意があるのか,からかっているがあるのか分からない.まあ,どっちにしてもそんな物はいらないのだが.

田舎の寒村で農家をしている母さんから大学生の一人息子への手紙.
「元気に過ごしてますか.今年も凶作で仕送りは出来ないけど,心ばかりの『スマイル』を送ります」
封筒には手紙と一緒に母さんのスマイルが入っていた.息子は心の込もった母のスマイルに涙する.

料理自慢の小料理屋では,お通しで小鉢にスマイルが盛られて出てくる.酒飲みにとって,塩味の効いたスマイルは酒のお供に欠かせない.さすが料理自慢の店だけのことはある.

この港町では味の良いスマイルが水揚げされることで有名だ.そんな港町で最近評判の民宿では,漁師をしている主人が作る新鮮なスマイルで作るスマイル料理が名物.わさびと醤油でつるっと食べるのが漁師流の粋な食べ方だ.

小学1年の弟が,家族団欒の時間,無邪気に衝撃の発言.
「ママ,お兄ちゃんのスマイルって毛が生えてるんだよ」
凍りつく家族,暖かい家族の団欒が一転して極寒の世界へ.気まずい様子の父と母.お兄ちゃんは「生えてないよ,生えてないよ」と狂ったように泣き出す.

ああ,それにしてもアルバイトのお姉さんのスマイルを見てみたい.

|

« 帝王学事始 | Main | スマイル下さい »

Comments

ミックダノーズ、ですね、英語で言うと。
田舎の寒村のクダリは泣けました。
スマイル フォー ミー・・・・

あ、より抜きブロイラーには「速い犬」入れてくれないんですか?

Posted by: コングBA | March 08, 2005 at 08:55 AM

妹が若い頃、このハンバーガーショップで
バイトしておりました。
本当に「スマイルひとつ」と
注文するお客さんがいたそうです。

私も明日、パート先で発売してみようかな。
よく熟れた『笑顔』

Posted by: クレオ | March 08, 2005 at 08:04 PM

コングBAさん
よりぬきは只今選定中です.
今後にご期待下さい.

クレオさん
熟れたのはちょっと,アレですが.次の回の更新内容とかぶってしまいました.残念.

Posted by: JC若鶏 | March 08, 2005 at 11:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 帝王学事始 | Main | スマイル下さい »