« June 2005 | Main | August 2005 »

July 29, 2005

コンピレーションおばあちゃん

コンピレーションCDやコンピレーションアルバムという物がある.これはどんなCDやアルバムなんだろうか.CDやアルバムは分かっている.謎なのは,コンピレーションだ.コミカルな響きのある言葉,コンピレーション.しかも,CDだったり,アルバムだったりするのだ.コンピレーションっていうのは,何なのだろう.

アフリカ奥地の少数民族ンバホ族には,虫歯の患者が一人もいない.部族の人々が習慣として食事の後に噛むヘケヘケ草の根に秘密があるらしい.その根から抽出した成分,コンピレーションを配合したガムが新発売された.キシリトールを超える成分,それがンバホ族のコンピレーションだ.

子供から大人までみんなに人気のレジャー施設が千葉県にある.東京コンピレーションランドだ.略してTCL.どこかで見たことあるネズミ的な動物が,来場者達を出迎える.
「やあ,よく来たね.僕,ニッキーだよ」
誰だ,お前は.

スーパーで牛肉の大安売り.目玉商品は,いつもなら手の届かない値段のコンピレーション牛だ.今日はみんなの食卓にコンピレーションステーキが並ぶのだ.
「おいおい,今日はボーナスの日じゃないぞ」
会社から帰ってきたお父さんが,食卓に載ったコンピレーションステーキを見てにっこり微笑む.

「お前ってさあ,眉間の辺りがコンピレーションしてるよな」
友人がまじまじと顔を見て言った.
「えっ,どういうこと」
「いや,いい意味でコンピレーションしてるよ」
「うん,……ありがとう」
何なんだよ,一体.

会津では,8月に民芸品作りが最盛期を迎える.茹でて柔らかくした藤の蔓で編み上げるお洒落な小箱.400年の歴史を持つ伝統民芸品の会津コンピレーションだ.

今日の文章はいつもよりコンピレーションで書いてみました.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2005

コロッケンJr

「肉屋のコロッケ」と銘打たれたコロッケを見かけることがある.これは一体何だろう.肉屋がコロッケ揚げるのは構わない.全く問題ない.思う存分揚げて欲しい.しかし,多様化する現代において,コロッケを肉屋に任せておいてもいいのだろうか.もっと色々な職業の人がコロッケを揚げるべきではなかろうか.

教員の中でも仕事の内容がよく分からない教員の教頭.教頭の知られざる仕事の一つはコロッケを揚げることだ.給食のメニューのコロッケ,本当の名前は「教頭のコロッケ」.
「教頭先生って,いつも何してるんだろうね」
給食の時間に会話に華を咲かせて生徒達.食べているのは,教頭が揚げたコロッケだ.
「それにしても,今日のコロッケ,ちょっとまずいよね」
影から教室を覗いていた教頭が人知れず涙する.

機械工もコロッケを揚げる.辛い労働の合間に揚げるコロッケ,「機械工のコロッケ」だ.機械油で汚れた手が生コロッケを掴み上げ,熱した機械油の中に放り込む.コロッケから漂う機械油のメカニックな匂いが食欲を煽る.

組同士の抗争,若頭の脱走,複雑な思いを胸に組長もコロッケを揚げる.「組長のコロッケ」だ.構成員の「熱っ,でも組長,これうまいっすよ」と無邪気に喜ぶ姿を想像し,じっくりと揚げる.今日の組の食卓には揚げたての熱々のコロッケが並ぶ.笑顔が食卓を囲む.笑顔溢れるホカホカ暴力団だ.

コロッケを揚げるのは人間だけの特権ではない.ジャングルでテング猿が揚げるコロッケ,「テング猿のコロッケ」だ.「ウオホッ,ウオホッ」油が跳ねてテング猿が咆える声がボルネオのジャングルにこだまする.

最近,自分の肉屋人生に限界を感じて仕事をサボりがちな肉屋のオヤジ.そんなオヤジの代わりにコロッケを揚げるのは,ペットのポチだ.3丁目で買われている狂犬に怯えつつ揚げるコロッケ.「ポチのコロッケ」だ.オヤジが揚げたコロッケよりうまいと評判を呼び,オヤジは益々やる気を失くす.人としての自信まで失くすオヤジ.

ナンバーワンのコロッケよりオンリーワンのコロッケだと思う.

| | Comments (0)

July 27, 2005

東海道に生える毛

東海道中膝栗毛という話がある.江戸時代に十返舎一九が書いた,弥次さんと喜多さんが東海道を旅する話だ.
ところで,この「東海道中膝栗毛」というのは何だ.「東海道中」の意味は分かる.「膝栗毛」というのは何だ.どこの毛だ.

高級食材を取り揃える閑静な住宅地のスーパーで売られている野菜.その中に「幻の野菜」,「野菜の王様」などと呼ばれる鼻トマトが誇らしげに並んでいる.表面にうっすらとチクチクとした膝栗毛が生えている鼻トマト.膝栗毛が生えているのは,鼻トマトの新鮮さの証だ.

無機質な高層ビルが林立する東京.まさにコンクリートジャングルだ.しかし,ある新宿の一つのビルには膝栗毛が生えているという.ごく稀にビルの壁一面に生える毛,それが膝栗毛だ.一見無機質なビルも生きているんだね.

沖縄のある離島では膝栗毛と呼ばれる海草が名産品だ.海底に生えている膝栗毛を海女さんが潜って採る.酢で和えて食べるのが一般的な食べ方だ.

猫のひげの中に一本だけ生えている命の毛,膝栗毛.その毛を切られると猫又になるという.

「おい,丸和ってもう膝栗毛が生えたらしいぞ」
「ええっ」,「早いなあ」,「マジ」.教室で色めき立つ中学一年生男子達.
「いや,本当だって,着替えの時見えたんだって」
丸和君に膝栗毛が生えたと言いふらす彼,そういう彼にも既に膝栗毛が生えている

と膝栗毛の意味を引っ掻き回したが,本当の意味は,膝を栗毛の馬の代わりにして旅をすること.つまり,徒歩で旅行することを意味する言葉だ.辞書に載っていた.
勝手に想像した膝栗毛という名の毛.本当の意味はどんな意味であったとしても,世界の日の当たらない片隅に膝栗毛という毛が生えていることを信じていたい.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2005

守り

小学生の時から疑問なのだが,お守りの中身には何が入っているのだろう.小学生の時からお守りの中身を気にして今まで生きてきたわけではない.普段使っている鞄の中から,暫く前に入れて忘れていたお守りが出てきて思い出した.
よく分からないが,多分,困ったときに助けになる物が入っているのだと思う.

「ああ,困った.お腹がすいた」
小腹が空いて困り果てるOLサチ子(36歳).
「ああ,もう我慢ができない」
大切なお守りを開けると,入っていたのは『のしいか』.サチ子は,のしいかで小腹を満たし,午後の辛い仕事を乗り切る.

「ああ,困った.一味足りない」
味噌汁に味の決め手がかけて困る主婦マチ子(40歳).
「ああ,仕方がない」
大切なお守りを味噌汁に浸すと,一味も二味も変化する味噌汁の味.お守りの中に入っていたのは,干し椎茸,昆布,鰹節.お義母様もにっこりの守り汁.

「ああ,誰か助けてくれ」
オヤジ狩りに囲まれ,うろたえるサラリーマンのヨシオ(54歳).
「ええい,神頼み」
狩人に向かってお守りを握った手を突き出し,強く握る.指の間からシュワッと迸る臭い汁.カメムシの匂いが当たりに漂う.逃げ去る狩人達.残されたのは臭い汁の付いたヨシオの手.

「ママ,ご飯おいしくないよ」
米の味に飽きてきたヨウスケ(5歳).
「じゃあ,これをかけないさい」
出されたのはお守り.お守りを開け,飯の上でサラサラと振ると,ふりかけが飯の上に広がる.ヨウスケの血となり骨となる.

活きのいい獲れたての神様を開き,身をほぐす.生姜,にんにくと一緒に細かく刻み,包丁でよく叩いてペースト状にする.酒で溶き,薄く伸ばして天日に3日干すと神様シートができ上がる.これを適当な大きさに切れば,お守りの中身の完成.
大量に必要な時は,市場で売られている業務用神様シートがお得だ.

鞄の中で,いつでも活躍できるように待機しているお守り.鞄の中に潜む心強さ.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 25, 2005

ユネスコレス

知床が世界遺産に登録されたらしい.詳しくは知らないが,世界遺産には,文化遺産,自然遺産,複合遺産があり,それぞれ,優れた普遍的価値をもつ建築物や遺跡,優れた価値を持つ地形や生物や景観を有する地域,さらに文化と自然両方の要素を兼ね備えているものが,登録されるらしい.
普段の生活でも,これはある意味世界遺産じゃないのかと思う物を見かけることがあるが,どうすれば世界遺産に登録されるのか.

クラスの丸和の机の中から発見された弁当箱.一年前に中身をそのままに放置された弁当箱らしい.蓋を開けると,びっしりキノコや木のようになったカビ,そして見たことのない昆虫達.既に独自の食物連鎖を形成しているらしい.来年,世界遺産として丸和の弁当箱が登録されていることに決まった.手付かずの自然が広がる弁当箱.

鼻が特徴的な同僚の三千院さん.その造形と景観から,世界遺産に登録されることが決まっている.何か未知の生物が住んでいてもおかしくない三千院さん自慢の鼻.

休み時間,クラスの女子に呼び出されて屋上に行ってみたら,いきなりの告白.
「私の世界遺産に指定します.知床になってください」
愛の告白だ.思春期に指定される世界遺産.「知床になってください」の言葉に微妙なエロさを感じる.

「生きる化石」とあだ名されている隣に住むじいさんの家が世界遺産に登録された.町内会では,町おこしとして,公民館でじいさんの展示を考えている.優れた価値を持つか分からないが,謎の生物,隣のじいさんが住む町内の秘境,隣のじいさんの家だ.

でも,みんながそれぞれ心にある大切な物,それこそが世界遺産なんだよね.と思ってもいないことを書いてみる.

今回追加の世界遺産
・丸和の弁当箱
・三千院さんの自慢鼻
・知床人間
・隣のじいさんの家
・みんなの大切な何か

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2005

爆釣バカ日記

本屋をうろついていたら,釣り雑誌の表紙に「爆釣」と大きな文字で書かれていた.爆釣,ばくちょう,釣りをしない私が想像するに,意味は物凄く魚が釣れるということだろう.
私は釣りに縁がないので,この先,一生「爆釣」という言葉を使うことはないだろうと思う.しかし,そう考えると少し寂しい気がする.「爆釣」に縁のない人生,アミノ酸のないタンパク質のような物じゃないだろうか.
ともかく,釣りに縁のない私でも「爆釣」という言葉を積極的に使っていきたい.

「ゴルフの調子が良くてねえ.スコアが下は90を切って,上は爆釣だよ」
サラリーマンの趣味ゴルフ.こんな場面で「爆釣」を使えないだろうか.私はゴルフを知らないので,どんな状態なのか想像できないが,調子がいい状態のような気がする.この先ゴルフをする機会があったら,是非爆釣を目指したい.

「すみません,今日,爆釣気味なので早退してもいいですか」
学校や会社を早退するのにも使えそうだ.体の中で何が起こっているのか分からないが,語感として,放っておくと体がどうなってしまうのか分からない不気味さを漂わせている.もし電車で爆釣の波がお腹に響いてきたら,耐えられずにいろんな物が出て来そうな雰囲気だ.

「この爆釣アイドル,かわいくないか」
巨乳,爆乳と乳に関しては,行き着くところまで行ってしまった感があるアイドル界.そんなアイドル界に新風を吹き込むのは,爆釣アイドルだ.

「とりあえず,爆釣」
居酒屋に入って一杯目に頼むのは,爆釣が定番だ.この季節,冷たい爆釣が一番うまい.
「爆釣,この仕事終わりましたが,……」
爆長の間違いだ.課長,部長,爆長.いや,よく考えたらそんな役職ない.ごめんなさい,勢いだけで書きました.

この文章を書くにあたり,爆釣の事を考えた私.この日,私は,どの釣り人よりも爆釣だったと自信を持って生きていきたいと思う.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2005

バレーボール日記

バレーボールの試合結果をニュースなどで見ていると,敗因として「日本は自分達のバレーボールが出来なかった」などと言われているのを聞く.これは一体どういうことだろう.試合中,選手達は何をしていたのだろう.自分達のバレーボールでないのなら,どこのバレーボールをしていたのだろう.

・ブラジルのバレーボール
・団地のママさんチームのバレーボール
・シェフの気まぐれバレーボール

いや,極端な話,バレーボールですらないのかもしれない.

・バスケットボール
・インド風カレーボール
・パプアニューギニアのホンヤホ族の雨乞い踊り

強豪国の選手の激しいスパイクを前にして,混乱してバスケットボールをする選手,何だか分からないカレーボールをする選手,ホンヤホ族の雨乞い踊りをする選手.自分達のバレーボールができない選手達だ.
学校で本当の自分が出せない,本当の自分はこんな自分じゃないとか言って,自分探しな中学生に似ている.恐らく,みんな思春期真っ只中なのだ.思春期に走り出した暴走機関車は,みんなの中で未だに止まっていない.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2005

とげ抜け青春

東京の巣鴨には,とげぬき地蔵という地蔵がある.とげぬき地蔵周辺は,お年寄りの原宿と呼ばれており,老人達が集まる場所として有名だ.世界で一番天国に近い場所といってもいい.
先日,とげぬき地蔵に行くことがあったのだが,炎天下の元,老人達が多数徘徊しており,老人の天国というのも頷けた.
ともかく,毎日とげぬき地蔵に老人達が集まるということは,老人にはそんなにも多くの棘が刺さっているということなのだろうか.むしろ,老人が棘に刺さっているということか.意味はよく分からないが.いや,恐らく,とげぬき地蔵は,棘を抜く他にもご利益があるのだろう.
「とげぬき地蔵です.ご利益は刺さった棘を抜くことです」
これでは,恥ずかしくてとげぬき地蔵も菩薩の寄り合いなどで自己紹介ができない.

最近ビデオの操作を憶え,息子から送られてきた孫の運動会のビデオを鑑賞するお爺さん.画面で跳躍し,躍動する孫を堪能し終えたお爺さんは,カセットを取り出そうとするが詰まって出てこない.そんな時はとげぬき地蔵だ.とげぬき地蔵の札をビデオに貼って念仏を唱える.取り出し口からカセットが飛び出す.カセットに孫の躍動を思い出し,お爺さんに浮かぶ笑顔.

秋刀魚を食べたいが,老眼のせいで骨が見えない.喉に骨が刺さったら,文字通り命取り.困ったお婆さん.そんな時はとげぬき地蔵だ.秋刀魚の頭を摘み上げ,とげぬき地蔵の札を貼って念仏を唱える.するりと身が抜け落ちる.お婆さんは,喉に刺さる骨を気にすることなく,秋刀魚を味わう.

蛇口が固くて回らない.水が使えない.そんな時には,とげぬき地蔵だ.蛇口にとげぬき地蔵の札を貼り,念仏を唱える.蛇口が水道管ごと引っこ抜けて水しぶきが上がる.ちょっと張り切りすぎのとげぬき地蔵

髪の毛が薄くなってきた息子を心配する年老いた母親.
「川崎さんのおばあちゃんからいいこと教えてもらった」
息子の頭に手を当てて,とげぬき地蔵の札を貼って念仏を唱える.途端に息子の頭からハラリと抜ける最後の希望.川崎のおばあちゃんの勘違いが悲劇を招く.

「お義母さん,早く田舎に帰ってくれないかしら」
影で話す嫁.それを聞きつけたお義母さん.そんな時には,とげぬき地蔵だ.嫁にとげぬき地蔵の札を貼り,念仏を唱える.嫁の心に刺さった棘がするりと抜ける.
「お義母さん,いつまでものんびりしてくださいね」

抜くのは棘だけではないとげぬき地蔵.菩薩の寄り合いで誇らしげに自己紹介するとげぬき地蔵の笑顔が輝く.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 19, 2005

マスター・オブ・デジタルリ

最近,少し古い映画がデジタルリマスター版でDVDなどで発売されている.具体的にどこをどうするのかよく分からないが,元の映画をデジタル化して映像の修正等を加えて綺麗にしたのであろう.
スターウォーズをデジタルリマスター版で見たが,以前の映像にはいなかった謎の生物がCGで加えられてうろちょろしいた.色々と良くなっていたような気がする.
しかし,デジタルリマスター版が出ているのは映画の世界だけでないことはあまり知られていない.

今までの人生で何があったらこうなってしまうのだろうという風貌の母.今日美容院でデジタルリマスター処理して来たら,別人のようになって帰ってきた.弾ける若さ,溌剌とした笑顔.隣りに住む20年前と全く変わっていないと噂の奥さんから,若さの秘密を聞いてデジタルリマスター処理したらしい.デジタルリマスター版母でくすんだ家族も鮮やかに.

腐りかけたサバ.でも,捨てるのは勿体ない.そんな時にはデジタルリマスター.腐りかけたサバに新鮮さが蘇る.寄生虫も安心だから,酢で締めなくても,刺身で食べられる.
「ママ,このサバおいしいね」
魚嫌いの子供に笑顔が浮かぶ.デジタルリマスター版のサバで健康満点家族.

去年まで学年最下位の成績だった丸和君.でも今年から始めたデジタルリマスター式で成績がぐんぐん伸びた.今では学年で一番の成績だ.大学受験では,東大を受けるとの噂.やってて良かったデジタルリマスター式.

通信販売で買ったデジタルリマスターが届いた.ドキドキしながらテレビとビデオに繋いで秘蔵のビデオを再生.しかし,映し出された映像にはモザイクが掛かったまま.モザイクが消えると聞いて買ったのに全然消えないじゃないか.騙された.

「デジタルリマスターに昇進が内定した」
会社の父から家に掛かってきた電話.いつも冴えないと思っていたうちの父親が,会社でデジタルリマスターに大抜擢.今夜の食卓には,父を祝う特上の寿司が並ぶ予定だ.

時代は今デジタルリマスター化しているといっても過言ではない.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2005

グリングリン

グリングリンの歌詞には「ある日,パパと二人で語り合ったさー,この世に生きる喜び,そして悲しみのことを……」とある.恥ずかしながら私は,こんな経験したことがない.
グリングリンとは小学校などでよく歌われる歌で,タイトルの「グリングリン」は「グリーングリーン」とも表記されていることもある.
これに続く歌詞は「青空には小鳥が歌い」,「丘の上にはララ緑がゆれる」とあるから,恐らく高原のような爽やかな場所だったりするのだろう.パパと爽やかにこの世に生きる喜び,そして悲しみのことを語る事態,できれば避けたい非常事態だ.しかし,この歌はタイトルの「グリングリン」という歌詞から分かるように外国の歌.きっと,外国ではこんなことは日常茶飯事なのだと思う.

「よーし,みんな.今日のホームルームの議題は『この世に生きる喜び,そして悲しみのこと』だ.活発に議論するように」
湧き上がる生徒達,お調子者のジョニーも今日ばかりは真剣に議論.クラスは10代しゃべり場の様相を呈する.クラスみんなでグリングリン.

「ねえ,ちょっと.今時間ある?ちょっとそこのコーヒー店で,この世に生きる喜び,そして悲しみのことでも語らない?」
最近流行のナンパの文句.婦女子も放っておけない.女子と一緒にグリングリン.

友達のいないダニエル君は,自室に篭り一人でこの世に生きる喜び,そして悲しみのことを語っている.悲しみばかりのグリングリン.

フランスのある地方にある洞窟に描かれた絵.その昔,原人達がこの世に生きる喜び,そして悲しみを語り合った遺跡だと謂われている.原人達のグリングリン.

「ホー,フォッ,フォッ,フォッ,フォッ」
ジャングルに響く吠え猿の声.遠くの猿とこの世に生きる喜び,そして悲しみを語り合っているという.猿も一緒にグリングリン.

グローバル化する現代社会.日本人も積極的にグリングリンしているべきだと思う.

| | Comments (2)

July 14, 2005

自由茶

コンビニエンスストアに飲み物を買いに行くとお茶の種類の多さに驚く.一体何事だろう.前から気になっていたが改めて見てみると,やっぱり多い.どれを買えばいいのかさっぱり分からない.しかし,どれを買ってもじような気がする.まあ,お茶なんだし.
このまま増えると,各社から,より自由度の高いお茶が出てくることだろう.

・アフリカ奥地の少数民族ンバホ族の英雄ソチャンマが厳選した茶葉で淹れたお茶
・茶葉から一旦離れ,花鰹と干し椎茸で淹れたお茶
・東京都葛飾区在住の丸和さん宅の水道水で淹れたお茶
・茶葉も人の時代,メキシコ人のチャバさんが淹れたお茶

全部合わせてもいい.ソチャンマが厳選した花鰹と丸和さん家の水道水を使ってチャバさんが淹れる汁.既にお茶の姿は見当たらない.どちらかというと,だし汁.おーい,ダシ.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 13, 2005

スターウォーズ裏

スターウォーズエピソード3の上映が始まった.エピソード3は,アナキン・スカイウォーカーがフォースのダークサイドに引き込まれ,ダースベイダーになってしまう話だ.
子供が蓑虫を捕まえて飼ってみたら蛾になった話に似ている.
愛らしい蓑虫が成長したら蛾になってしまった.泣き喚く子供,気持ち悪がるお母さん.
期待の新人アナキンが成長したらベイダー.泣き喚くケノービ,気持ち悪がるヨーダ.
しかし,そんなベイダー氏も,エピソード6ではダークサイドから戻ってくる.きっと心のどこかに優しさの欠片が残っていたんだろう.ベイダー氏の長い帝国生活の中ではこんな事もあったはずだ.

雨に打たれて震える子犬を放っておくことができずに拾ってきたダースベイダー.皇帝に「家では飼えないって言ってるでしょ.捨ててきなさい」と言われて家の外で雨に打たれて立ち尽くす.ギュッと抱きしめられた子犬はベイダーを見上げ,悲しげクーンクーンと鳴く.
見かねた皇帝は,ドアを開けて言う.
「自分で世話するのよ.お父さんには言っておくから」

激しい車の往来に戸惑い,横断歩道を渡れない年老いた皇帝.そんな皇帝の手を引いて渡るは,ダースベイダーだ.大きな荷物を持って歩道橋の前に困り果てる皇帝を助けるのもダースベイダーだ.
「世の中優しい人がいるもんだねえ.長生きするもんだねえ」
ダースベイダーの背で皇帝の目から涙がこぼれる.

煎餅布団に寝たきりの皇帝.そんな皇帝にお粥を作るダースベイダー.病床でお粥を蓮華にすくい,フーフーと冷まして皇帝の口へ運ぶ
「はい,お粥ですよ」
「すまないねえ,こんな体になっちまって」
「おじいちゃん,それは言わない約束でしょ」

優しさの欠片を隠し持つダースベイダー.駅の券売機の前で小銭をぶちまけ,おろおろと拾う姿にも人の良さが滲み出る.フォースを優しさに変えるダースベイダー.黒いヘルメットの下に溢れるのは慈しみの心.
これはこれで,別なダークサイドだと思う.

| | Comments (2)

July 12, 2005

鮭のそじょう

ネットで裁判関連のニュースを見ると「訴状を読んでいないからコメントできない」,「判決文をよんでいないからコメントできない」などと書かれていることがある.それでは,訴状や判決文はいつ読むのだろう.それとも読まないで大切にしまっておくものなのか.

休み時間に呼び出された川北君が校舎の裏に行ってみると,クラスで一番かわいいとの評判の若林さんが立っていた.
「これ…….後で読んでね.……学校で皆に見つかると冷やかされそうだから」
俯きつつ差し出したのは,判決文だ.それを舌打ちしながら影で見ていたのは,若林さんに恋心を抱く丸和君.クラスに戻ってきた川北君に詰め寄る丸和君.慌てる川北君が語る.
「判決文を読んでいないからコメントできない」

近海で捕れたピチピチの訴状を開き,塩を塗って1週間天日で干す.その後,秘伝のくさい汁に漬けて,さらに1年天日に干して乾燥させる.これで味,香り共に最高の訴状ができあがる.
しかし,環境破壊のため,近年,訴状漁獲高が落ちてきたことが深刻な問題だ.漁師は訴状について語る.
「訴状を読んでいないからコメントできない」

畑で早朝に収穫した朝採りの判決文に昆布を巻いて,味噌を混ぜた糠床に30年寝かせるとできあがる判決文の古漬け.石川県のある村に伝わる郷土料理だ.村で一番の名人との呼び声が高いおばあちゃんは,古漬けのコツをこう語る.
「判決文を読んでいないからコメントできない」

名古屋で開催中の「愛・訴状博」.
氷漬けの訴状,世界各国の訴状,恐竜の化石に混じって発見された訴状の化石,判決文と訴状の家,見所は盛り沢山.入場者数の目標達成もあとわずかだ.実行委員長が喜びの悲鳴を上げる.
「訴状を読んでいないからコメントできない」

ニュースの裏で起こっている知られざる出来事.ニュースの裏の裏を読めば,時代が見える.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2005

磯野藻屑源素太皆

スタミナラーメン,スタミナ定食など,「スタミナ……」というメニューがある.何を以ってスタミナと名乗っているのかよく分からない.何がどうスタミナなのだろう.やはり,おかずとして期待されているのは,焼いた肉だろうか.
しかし,スタミナが付きそうな食べ物といえば鰻だ.スタミナ定食を頼んで鰻が出てきたらどうだろう.
「こちらがスタミナ定食です」
「いや,うな重じゃなくて,スタミナ定食を頼んだんだけど」
「当店では,こちらがスタミナ定食です」
「でも,これ鰻だと思うんですけど」
「お客さん,鰻とスタミナは無関係ということですか」
「いや,でも,スタミナ……」
恐らく何も言えないだろう.スタミナの宝庫,栄養の権化たる鰻様なのだ.食べたらスタミナが付くことは間違いない.釈然としない思いでスタミナ定食という名の鰻重を食べて帰るお客さん,しかしスタミナは確実についている.

はっきりとした定義のないスタミナ定食,店それぞれスタミナ定食があっても不思議ではない.

「スタミナ定食のお客様.お待たせいたしました」
店員がテーブルに置いたスタミナ定食は,どんぶり飯と鉢にこんもり盛られた見たことのない草.
「すみません.これがスタミナ定食ですか」
「はい,こちらが当店のスタミナ定食ですが」
「これって,変な草だけなんですけど」
「変な草ではありません.これはヘケヘケ草です」
「えっ……」
「アフリカ奥地の少数民族ンバホ族のスタミナ源です.これを食べれば,部族の英雄ソチャンマの魂が乗り移って,ライオンも蹴散らせるとンバホ族の長老が言ってました」
謎のスタミナ源,ヘケヘケ草.釈然としない思いを胸に食べるスタミナ定食を食べる客.そして客に乗り移るソチャンマ.よく分からない草で出る元気.
しかし,ヘケヘケ草の意外にスパイシーでコクのある味に客も舌鼓を打ち,納得する.

「スタミナ定食のお客様.お待たせいたしました」
店員がテーブルに置いたスタミナ定食は,どんぶり飯とキャベツの千切りの上に置かれた一枚の写真.
「すみません.これがスタミナ定食ですか」
「はい,こちらが当店のスタミナ定食ですが」
「この笑顔の子供が写った写真は何ですか」
「これは私の子供の太郎です」
「えっ……」
「うちのおじいちゃん,太郎の笑顔を見ると『いやー,孫の笑顔を見ると元気がでるのお』って喜ぶんですよ」
おじいちゃんのスタミナ源,孫の笑顔だ.釈然としない思いを胸に,他人の孫の笑顔を見ながら食べるドンブリ飯.何故か進む箸に驚く客.

「スタミナ定食のお客様.お待たせいたしました」
女子高生のアルバイトと思しき店員がテーブルに置いたスタミナ定食は,どんぶり飯だけ.
「え,いや,おかずは……」
「あとっ,……この手紙っ,……読んでくださいっ」
頬を赤らめながら差し出される手紙,思春期のスタミナ源,ラブレターだ.照れながら受け取る客.走り去る店員の後姿が甘酸っぱい.そんな青春の甘酸っぱさで食べるどんぶり飯.軽く5杯はいけそうな勢いだ.

そんなそれぞれのスタミナ定食.最初はスタミナ定食が気になっていた私だが,思いつきで書いたンバホ族の英雄ソチャンマの方が,気になって仕方がない.オリジナルのソチャンマTシャツを作ってしまいそうな勢いだ.はっきり書いてしまえば,最早スタミナ定食などどうでもいい.
この夏はスタミナ定食よりソチャンマが私のスタミナ源になりそうだ.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2005

高島屋アダルト館

愛・地球博には「超伝導リニア館」というのがあるらしい.パビリオンの名前として,ちょっ違和感を感じるのは私だけだろうか.何故だろう.違和感としては,若者ファッションの殿堂「丸井ヤング館」と聞いて感じる違和感と同じ違和感だ.超伝導で,リニア.丸井で,ヤング.似ていないだろうか.
自分でも,これはさすがに無理があるんじゃないかと思いつつも,ここまで来たら引き返せないという思いもある.無理にでも話を進めさせてもらう.
話を続ける.この違和感の原因は,恐らく「漢字+カタカナ+館」にあると思う.しかし,一方で「超伝導リニア館」で展示されている最先端の技術にに心惹かれているのも事実だ.こんな名前のパビリオンもありかなと思う.

・油圧コンプレッサー館
・情報エントロピー館
・次世代レボリューション館

どうだろう.字面を見ただけでも,行ってみたくなりはしないか.さらに期待は高まる

・牛ドナドナ館
・甘いメモリー館
・窓辺のナタリー館

自分でも無茶なのは分かっている.でも,行ってみたくなるのは何故だろう.

愛・地球博,本当に楽しみなのは公にされていない館にあると思う.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2005

フローライフ

トイレの芳香剤や洗濯洗剤の香りには,「フローラルの香り」というのがある.しかし,よく考えてみると,フローラルってどんな香りか分からない.どんな香りか,はっきりと分からないが,芳香剤などを始め,言葉自体はよく見たり,聞いたりする.

「にんじん嫌い.匂いがイヤ.食べたくない」
とにんじんを食べない子供.そんな好き嫌いの多い子供を持つお母さんの強い味方はフローラルだ.嫌いな食べ物にフローラルをシュッと一吹きで,子供も喜ぶフローラル.
「これなら,いくらでも食べられるよ,ママ」
子供の箸が止まらない.遺伝子組み換えフローラルを使っていないから,お子様にも安心です.

新発売のエアコン.新技術のフローラル回路で掃除をしなくても嫌な匂いがしない.漂う素敵なフローラルが夏の到来を告げる.

サッカー日本代表の監督の通訳から良い香りがする.何故だろう.名前を聞いてみたら,フローラル・ダバディー.なるほど,そういうことか.

刺身の薬味に,フローラルは欠かせない.細かく刻んだフローラルを醤油に溶いたフローラル醤油で刺身をつるっと食べる.これが粋な江戸っ子流.生臭さを消し,野趣溢れる味になる.

狭いエレベーターの中で,唐突にフローラルの香り.誰かフローラルを出したみたいだ.音を出さない,すかしフローラル.不意を突かれて,少し腹立たしい.

日常生活の隙間で香りを撒き散らすフローラル.当たり前すぎて大切な物が分からなくなることってあるよね.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2005

CanCam 8月号

女性ファッション誌「CanCam」の8月号の特集は,「エビちゃんOLvs優OL真夏の流行スタイルライバル対決7番勝負!」だ.

・あつあつおでん対決
・ゴボウしばき合い対決
・牛乳早飲み対決

「あつっ,あちちち」と熱々のおでんを涙目で食べるエビちゃんOL.ゴボウが優OLの後頭部に当たって折れて弾け飛ぶ.優OLのおもしろ顔に「げふっ」という音を立ててエビちゃんOLの鼻から迸る牛乳の白い一筋.
爽やかな対決にファッションに彩られた汗が飛び散る.OLの聖地丸の内に楽しげな声がこだまする.

8月号の見所は特集だけに留まらない.コネタの「エルサ・バレッティ真夏のシルバー・マジック」でハンカチの縦縞が一瞬にして横縞になる.エルサ・バレッティ,マギー司郎の弟子の一人だ.

CanCamの8月号はおもしろ企画が目白押し.さあ,今すぐ書店へ急げ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2005

イワンの王国

ふと思い付いて「イワンの馬鹿」を広辞苑で調べてみた.広辞苑にはこうあった.
「ロシア民話に取材したレフ=トルストイの童話.……中略……ばかの王国を築いて人びとに善行を施す話.」.
ちょっと待て.何だ,ばかの王国って.「イワンの馬鹿」って話は,そんな終わり方で良いのか.色々あってできたのは,ばかの王国.台無しなのではないだろうか.

・鬼を退治した後,桃太郎は,犬,猿,雉の三馬鹿と共に鬼が島に「ばかの王国」を作りました.
・三蔵法師,孫悟空,猪八戒,沙悟浄が天竺に到着すると,そこは「ばかの王国」でした.
・関ヶ原の戦いの後,徳川家康は「ばかの王国」を開いた.

折角の苦労を台無しにする「ばかの王国」.ばかの王国は,現代にも蘇る.

「丸和君,ばかの王国支店への転勤が決まったよ.支店長待遇で,実質的には栄転だ」
部長は,やり手の丸和課長の肩に手置き,語りかけた.
「ええっ」
やり手課長に伸びる失脚の魔の手.スピード出世の丸和さん.頑張った先に「ばかの王国」.

朝の会で先生が転校生を紹介する.
「今日,転校してきた川北君だ.自己紹介してくれ」
「ばかの王国から来ました.川北イワンです.よろしくお願いします」
ざわめく教室.

「おー,よーしよしよし」
ムツゴロウさんの「ばかの王国」.

書いているうちに,自分の中で魅力が増してきた「ばかの王国」.嫌いな人にも百回「好きだ」と言えば,本当に好きになる話に似ている.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2005

若者を蝕む奇病

ヒップホップ病のことを書いてから,ファッションに対する理解が深まった.
ヒップホップ病とは,患うとどんな人でもラッパーになってしまう現代の奇病だ.ヒップホップ病の詳細はこちらをご覧下さい.ファッションとは無縁の私は,ファッショナブルな若者を見る度舌打ちしていたが,みんな病気なんだと思うと気が楽になる.

野球帽みたいな帽子をつばを横にしてかぶり,緩めの服を着ている彼.彼はきっとヒップホップ病なのだ.私の見立てが正しければ,恐らく3ヶ月程で完全なラッパーになるYO!
彼を立派な市役所の役人に育て上げようと入れ込んでいた父の落胆の声が聞こえてくるようだ.

ズボンを下げて穿いているせいでパンツが見えそうになっている彼.彼はきっとズボンずり落ち病だ.しっかり穿いているつもりなのに,気が付かぬ内にズボンが下がっていく奇病だ.「ズボンってやっぱりいらなくねぇ」という迂闊な発言が病を引き起こしたのだろう.私の見立てが正しければ,半年後あたりには完全に尻が出る.尤もその頃には,尻を丸だしにした患者達が街中に溢れることだろう.

スキンヘッドの彼.恐らく純粋に脱毛症なのだろう.戴冠式を経て,父親愛用の七三分けの冠を頭上に戴くことになるだろう.カツラに込められた父の愛.それをしっかり受け止めるハゲ頭.思春期に離れてしまった父と息子の気持ちが再び一つになる.

鼻にピアスをしている彼女.恐らく鼻の穴過多病だろう.知らないうちに鼻の穴が増える現代の奇病.「鼻の穴が多いと酸素が沢山吸えるよね」という気持ちが原因だ.病は気から.私の見立てが正しければ,1年後には鼻の穴の数が凄いことになる.鼻の穴は二個という既成概念を打ち破る.

こんなことを書いているが,私はファッションを非難するつもりは全く無い.結構なことじゃないですか,個性的なファッション.
格好いいと思って「ワイシャツ」と書いた自作のTシャツを着て街を歩く私もきっと病気なのだ.私を見て笑いながらすれ違う人を見てそう思った.

| | Comments (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »