« February 2006 | Main | April 2006 »

March 31, 2006

小さな便り

トイレでふと思った.男性用の小便器は何に見えるだろう.
遥か遠い,2000年くらい未来の話.既に世の中では小便器が使われていない時代.小便器を使っている人は勿論,作っている人もいない時代だ.そんな時代に遺跡から小便器が発掘される.未来の考古学者は頭を悩ませるだろう.朝顔との異名を持つ小便器を前に様々な議論が繰り広げられる.まさか男性の小便用途に特化した陶器だとは思わないだろう.管が繋がり,水が流れるようになっている不思議な陶器だ.考古学者達は,いろいろなストーリーを展開することになると思う.

急なお客様の訪問.お出しする食べ物はどうしよう.そんな主婦の悩みに応えるのは小便器だ.小便器に果物を入れておけば,定期的に冷たい水が流れて,いつでもみずみずしい果物が食べられる.冷たくて新鮮なメロンやスイカを提供してくれる小便器.豊かな食生活の必需品.

「おお,これは風流ですな」
茶室に招かれた茶人が驚きの声を上げる.茶室の床の間に置かれた一輪挿し,それが小便器.抹茶をすする茶人にさらさらと水が流れる涼しげな音を提供.挿された一輪の花も楽しげだ.素朴な飾り気のなさが素敵な一期一会を演出する.

亀がペットとして大人気の時代.亀を飼う入れ物といえば,小便器だ.ボタンを押すと流れる水が,亀の甲羅を濡らす.金魚に金魚鉢.犬に犬小屋.そして亀に小便器.
亀が何かの符号であるとか,そんなことを考えてはいけない.

仏壇に手を合わせる信心深い老人.
「今日も仏様を綺麗にするかのう」
拝み終わった老人は仏壇の上のボタンを押す.すると流れ出た水が仏を洗う.お陰でいつも仏はピッカピカ.仏様の優しげな顔も心なしかいつもより微笑んでいるようだ.いつでも水が流れるこの仏壇の正体は小便器だ.一歩先を行くおじいちゃん,おばあちゃんの宝物.仏が何かの符号であるとか,そんなことを考えてはいけない.

「ああ,罪深い私をお許しください」
小便器に向かって罪を告白し,懺悔する.心ゆくまで悔いたら,最後は水を流す.小便器に流れた水が,罪を一緒に洗い流す.ちょっとした宗教施設の小便器.心の拠り所だ.

見ようによってはお洒落なインテリアの小便器.この文章が未来の考古学者の一助にならんことを.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 30, 2006

トイレの尻子さん

尻子玉という玉がある.いや,実際にはそんな玉などないのだが,昔肛門にあると考えられていた玉だ.河童に抜かれると腑抜けになると言われていた.何故河童はそんなものを欲しがったのかよく分からないが,尻子玉とは一体なんだろう.

「部長、ナイスショット」
課長の声と共に部長の打った尻子玉が青空飛んでいく.尻子玉を杖で打ち、グリーンで待つキャディーさんに尻子玉を入れるスポーツ,シリフ.ゴルフの元となったイギリス発祥のスポーツだ.尻子玉はシリフに欠かせない道具.そもそも,シリフは河童が紳士に伝えたというのが,起源らしい.
ポロ,ラグビー,そしてシリフ.イギリス紳士の嗜みだ.

鶏の卵に混じって産み落とされる尻子玉.1000個に1個の割合で産み落とされるのが尻子玉だ.とてもコクがあってうまいので,高値で取引される.その上、栄養もあるらしい.
A shirikodama a day keeps the doctor away.(【ことわざ】尻子玉1日1個で医者知らず)
市場に出てくることは滅多にない幻の玉子.特に烏骨鶏の尻子玉がうまいと評判だ.

「やっほー」と尻に向かって叫ぶ.すると,尻から「やっほー」と聞こえてくる.尻から返るこだま,それが尻子玉だ.尻に音が跳ね返ってくるのか,尻の中の何かが「やっほー」と言っているのか,それは未だに分かっていない.
たとえ,ダジャレだって言い張ってしまった者の勝ちだと思う.

小豆の餡を水でのばして砂糖で味付けした汁に尻子玉を入れる.北海道名物,尻子玉ぜんざいだ.プリプリとした食感の尻子玉のすっぱさと,小豆餡の汁の甘さが奏でるハーモニー.新感覚の味が受けて,銀座でお洒落なスイーツとして人気が出てきているという.

「おっかあ,オラ,東京さ出ることにするよ」
田舎から出ることを決意した権助.母親に自分の決意を伝える.
「おっかあは,止めねえ.これさおっかあだと思って持って行け」
おっかあが差し出したのは,尻子玉.涙を流す権助.
「ありがとうな,ありがとな」
権助は母の愛が詰まった尻子玉握り締める.ちょっと臭かった.

かなり魅力的な尻子玉.尻子玉に思いを馳せて初めて感じた魅力.河童が欲しがるのも分かる気がする.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2006

sage

若い男の穿いているズボンが気になって仕方ない.ヒップホップ気取りの若者が穿いているあのズリ下げズボンの下がり具合は何なのだろう.あれでは、パンツが見えてしまう.いや、実際見えている.女子の人のパンツ的な物が見えるならまだしも,ブリーフとかそういうのは見たくない.何故あそこまで下げているのか.

・股下の短すぎるズボンを買ってしまった
・かなり足が短いのでそれ以上あがらない
・諸般の事情により濡れたパンツを乾かすため
・股下とズボンの間に夢が詰まっている
・股下とズボンの間で鳩を飼っている

ひょっとしたら,ズボンの中できのこの栽培をしているかもしれない.夜は家族そろって,育てたきのこできのこ鍋をやるのかもしれない.「おいしいね」などと食卓を家族の笑顔が囲むのかもしれない.ヒップホップも照れながら笑うのかもしれない.
家族を繋ぐズリ下げズボン.ズボンに巻いているのはベルトという名の家族の絆.

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 27, 2006

サラリスト

「サラリーマン」という言葉はイメージが悪いように思う.「給料」意味する「サラリー」にマン.クリエイターやアーティストのクリエイトやアートに比べてちょっとあれな感じだ.ニートの方が,職業の名前として格好いいような気さえしてくる.これでは,青少年達が目指したくなくなってしまう.
やはり,「サラリー」にも格好のよさが欲しい.あとづけでもいいから、「サラリー」に格好のいい意味を付けてみたらどうだろう.

・スライディングタックル
・水陸両用
・桂馬の動き
・春のお洒落着回し
・テクノカット

出社するサラリーマン。桂馬の動きで水陸両用スライディングタックルだ.春のお洒落着まわしジャケットもピッチリときまる.朝日に照らされるテクノカットの鋭さ.そして給料も忘れない.
それが我等のニューヒーロー,サラリーマンだ.

| | Comments (2)

March 25, 2006

メガネ

最近ちょっとしたメガネブーム的なことになっているらしい.コンタクトを使わず,メガネを使っている私としては,喜ぶべきことなのかもしれないが,気持ちは少し複雑だ.鼻骨が折れんばかりの無骨なメガネをだまってかければいいという意見の自分,しかし世間が求めているのはお洒落なメガネだ.お洒落なメガネなどなくなってしまえとは思うが,メガネが広まるのは喜ぶべきこと.ここはこだわりを捨ててメガネの素晴らしさをアピールするべきなのかもしれない.

「俺達,卒業しても友達だよな」
高校で仲良しだった男女6人グループ.グループ内で恋愛をめぐるちょっとしたいざこざもあった.意見が違って激しく言い争ったこともあった.でも,今ではみんな良い思い出だ.
「そうね.進路は違っても,あたし達の心の進路は同じよ」
皆がメガネを外し,ペットボトルに装着.
「3,2,1,発射」
皆のメガネを乗せて空に飛ぶペットボトルロケット.メガネと夢を空へ飛ばす儀式.長野県の高校では定番だ.

オフィス街で働くサラリーマンとOLに評判の定食屋.今日も名物定食の注文が入る.
「すみませーん.メガネと唐揚げ定食一つ」
メガネと唐揚げ定食のセットだ.出てきたメガネをかけて,唐揚げ定食を食べる.唐揚げ定食を一番おいしく食べられるよう設計されたメガネだ.裸眼や自分のメガネをかけて食べたときと一味違うのは気のせいではない.

「パトラッシュ,もう疲れたよ」
誰もいない大聖堂で静かに目を閉じるネロとパトラッシュ.冷たくなったネロとパトラッシュに光の柱が降り注ぐ.天から降りてきた天子達は,そっと抱き寄せネロとパトラッシュに優しくメガネをかけ,再び天に帰る.
ネロとパトラッシュが安らかに天国に行くかどうかは分からない.でも掛けられたメガネがお洒落のアクセントになったのは確かだ.

磯の潮溜まりで群れとなって泳ぐメガネ.そのメガネを網で掬い上げる.獲れたて新鮮なメガネを素早く捌いて薄切りに.塩をふって小粋に食べる.メガネの刺身は,醤油よりも塩の方が合う.熱々のご飯に乗せてメガネ丼にしてもうまい.
新鮮なうちにしか食べられないメガネ,浜料理として食通の間では有名な珍味だ.口に広がるレンズの甘さとフレームのほろ苦さ.

耳と鼻に引っかけたちょっと小粋なにくい奴.メガネはいつでも僕らの勇気の証だ.

| | Comments (0)

March 24, 2006

ボーイズビーアンビシャス

「ボー」という単位がある.モデムなどの設定で出てくるアナログ通信回線の変復調速度を表す単位だ.まあ,そんな単位の意味はともかく,勢いがある単位だと思う.「グラム」や「メートル」などの他の単位にはない迫力がある.「ボー」という単位らしからぬ言葉の響き.「baud」と書いて「ボー」と読む表記を無視したような読み方.とにかく凄いという他ない.
しかし,折角,迫力がある単位なのにあまり目にすることがない.これは「ボー」にとっても,我々にとっても不幸なことだと思う.もっといろいろな場面で使ってもいいと思う.

手を繋いで街を歩きながらいちゃつくカップル.女の子がお約束の質問だ.
「ねえねえ,あたしのこと好き」
「ああ,大好きだよ」
「どれくらい好き」
「うーん,そうだな,500ボーは下らないと思うよ」
「ええっ,本当に.嬉しい」
500ボーは下らない愛.ボーの絆が二人を繋ぐ.

「丸和君,最近ゴルフの方はどうかね」
「ええ,まあまあです」
また部長のゴルフ自慢だ.でも今日の丸和さんはいつもと違う.
「私もとうとう90を切ってねえ.丸和君の調子はどうだね」
「私はついに200ボーを超えました.お陰さまで」
「おおっ,それは凄いじゃないか」
ゴルフのスコアが200ボー超え.丸和さんの隠れた才能が開花したのだ.

「はい,長寿庵でございます」
「おい,出前で頼んだ鴨南蛮そばが来ねえじゃねえか.どうなってんだ.1時間も経つぞ」
そばの出前が来なくて怒りの電話を掛ける客.でもそば屋は慌てない.
「はい,鴨南蛮ですね.先程出ましたので,もうすぐ,ええと,あと20ボーくらいでそちらに着くと思います」
「20ボー」
「はい,20ボーです.もう少々お待ちください.それでは失礼します」
「ボー」で怒りを煙に巻くそば屋.鴨南蛮も

「白髪三千ボー」
李白の有名な漢詩の一節.五言絶句とかそういうあれだ.

「当店のハンバーガーは103ボー牛肉を使っております」
最近美味しくなったと評判のハンバーガーショップの宣伝文句だ.美味しさの秘密がここにある.

単位にしておくには勿体無い「ボー」.言葉の語尾なんかに付けても使えそうだボー.

| | Comments (2)

March 23, 2006

北上前線

気象庁の職員が靖国神社で桜が開花したのを確認し,開花宣言.

市立第二中学の若林こずえさんの父親は,好きな人を見てドキドキしている娘を確認し,思春期宣言.若林こずえさんは大人の階段をまた一歩昇った.

大海原を泳ぐハマチの群れの中の一匹は,成長した我が身の大きさを確認し,ブリ宣言.ハマチからブリへと出世の瞬間.

ヨーグルト職人の源三さんは,醗酵している牛乳の中の乳酸菌の数,酸味などからヨーグルト宣言.この時点を境目に,牛乳はヨーグルトと呼ばれる物になる.

ひ弱でいじめられっこだった丸和君は,春休み中にワイルド宣言を出した.新学期,強靭な肉体で登校する彼が楽しみだ.

動物園のチンパンジーが,もうそろそろいい頃だろうと人類宣言.猿,進化の時.

北上してくる思春期前線.押し寄せる進化前線の波.春になると心がウキウキとしてくるのはこのせいだろう.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2006

お知らせ

3/18から3/21まで個人的には4連休なので,3/20と3/21の更新は休日更新サイトの風流韻事(クリックで別ウィンドウが開きます)を更新します.
宜しければご覧ください.

| | Comments (0)

March 18, 2006

マゲわっぱ

江戸時代には多くの人が結っていた「ちょんまげ」は,明治時代にちょんまげの禁止令が出たため,結う人がいなくなったという話を聞いた.未開の人との印象を与える「ちょんまげ」を廃止し,西洋人に文明人として認めされるためだ.
頭に乗っていた髪の毛の塊を切り落とし,ザンギリ頭へとヘアスタイルを変える.しかし,よく考えてみると,このとき頭頂部に乗っていた髪の毛の塊が不要になったということだ.それも数え切れない程の黒い塊の量.丁髷に思い入れのある人も多かっただろうから,捨ててしまったということはないと思う.この黒い塊は,一体どう始末したのだろう.

・紐を通してお洒落なネックレスとして
・カラリと揚げて天ぷらとして
・絞ってフレッシュジュースとして
・神棚に祀って身近な神様として
・川に放流して一年後に帰ってくることを期待して

ちょんまげ禁止令に対して激しく抵抗した人もいると聞く.悔し涙を流してちょんまげを落とし,カラリと揚げたマゲ天を塩で小粋に食べる人.川に放流して,一年後にちょんまげの群れが産卵のために遡ってくることを夢見た人.それぞれがそれぞれの思いで禁止令の日を過ごしたに違いない.

| | Comments (0)

March 17, 2006

グムちゃん

テレビを何となく見ていたら,NHKで放送する韓国の番組を宣伝していた.いくつかの番組が紹介されていたが,その中で目に付いたのが「少女チャングムの夢」,「宮廷女官チャングムの誓い」.韓国ドラマを見たことはないが,「チャングムの誓い」なる番組の名前を聞いたことはある.その時は何とも思わなかったが,チャングムっていうのは何なのだろう.「チャングムの夢」,「チャングムの誓い」と二つも「チャングム」と聞くと,疑問に思わざるを得ない.一体,「チャングム」とは何だろう.

「冷やしチャングム始めました」
ラーメン屋の店先に貼り出された紙に書かれた文字.韓国では,夏の風物詩だ.強い日差しが照りつける暑い日に頬張る冷たいチャングム.モチモチとした食感が夏の到来を感じされる逸品だ.

「もしもし,あっ,あたし.今,チャングム前に着いたよ.どこにいる」
若者達に定番の待ち合わせの場所は,渋谷チャングム前.ハチ公,モヤイ像,そしてチャングム.いつ行っても人がたくさんいることで有名な場所だ.

チャンガム:新発売のガム
チャンゴム:よく伸びるゴム
チャングム:その中間

電車のドアの上に貼られた注意書き.
「非常の際は,中のチャングムを手前に引けば,ドアは手で開けられます」
非常用チャングムだ.危険なので,非常時以外は引いてはいけないチャングム.逆に非常時には引き放題のチャングム.非常時が待ち遠しい.

毎年テレビや雑誌で大々的に発表されるベストチャングマー.その年に最もチャングムが似合った人に贈られる賞だ.今年は着回しチャングムのブーム火付け役,チャングム吉本が受賞するとのことだ.

生憎,韓国のドラマとかには興味がないので見ようと思わないが,チャングムには積極的に誓っていこうと思う.

| | Comments (2)

March 15, 2006

解決!自動改札の力

駅にある自動改札の閉まる扉は何とかならないか.無駄に力が強い力で閉まるような気がする.以前,閉まる扉に持っていたケーキを潰されたことがある.キンコーンという軽快な音と共に閉まる扉.家に帰ったら箱の中で無残な姿に変わり果てていたケーキ.悲しい気持ちになった.この扉の力を,ケーキをつぶす以外に有効なことに生かせないものか.

朝の通勤時間に疲れたサラリーマンがキンコーンと自動改札に挟まれる.しかし,サラリーマンの疲れた表情は一気に明るくなる.自動改札に仕込まれたモミ玉がサラリーマンのツボを刺激したのだ.
「よーし,今日も一日頑張るぞ」
自動改札機,サラリーマンの強い味方だ.

毎日忙しく働くビジネスマン.食事の時間すらゆっくり取れない.そんなビジネスマンを自動改札が挟む.キンコーンという音と共に切符の排出口に出てくるのはトロの握りだ.自動改札機の扉が閉まる力を利用して握る寿司.ビジネスマンは,握り寿司を口へ放り込む.
腹が減っては戦が出来ぬ.自動改札に大切なことを教えられるビジネスマンだ.

家族旅行に張り切る子供達が「わーい」と駆け回る.しかし,化粧の乗りが今一のママはちょっと機嫌が悪い.
自動改札を駆け抜けようとした子供はキンコーンと挟まれる.次の瞬間,子供の後ろにいるママの顔に自動改札からおしろいが飛ぶ.自動改札の閉まる力を利用したおしろい飛ばしだ.
「あら,これいいわね」と化粧がきまって喜ぶママ.綺麗になったママに喜ぶ子供.家族に笑顔が溢れる.

「もう,別れましょう」
「待ってくれ,誤解だ」
お洒落な男女の別れ話.女は泣きながら自動改札を通り抜ける.しかし,キンコーンと閉まる自動改札の扉が,優しく女を抱き止めた.
「マテヨ ゴカイダト イッテルジャナイカ」
自動改札のディスプレイに男の次の台詞が表示される.
「ばか」
女は男の許に駆け寄る.

「お祖父ちゃん,死んじゃだめだ」
「もう,ワシは充分生きた」
95歳の大往生.悲しい別れの場面だ.お祖父ちゃんは静かに目を閉じる.
「嫌だ,死なないで」
その瞬間,日本のどこかの改札機がキンコーンと鳴る.自動改札の扉の力でお祖父ちゃんの離れかけた魂を押し戻す.
「ああ,ワシは何故ここに」
蘇るお祖父ちゃん.

自動改札に秘められた力.この力で世界の何かが変えられると信じるのは,自分だけではないと思う.

| | Comments (0)

March 14, 2006

パンツの食い込み

暫く前からたくさん来ているが,最近特に出会い系サイトの宣伝と思われるメールがたくさん届く.「愛の宅配便」なる差出人が「初めまして」と自己紹介していたり,「春の妖精」が「出張ホストを募集」というタイトルのメールを出していたり,種類も様々だ.中身を見るのも面倒なので,差出人とタイトルだけを見てそのまま捨ててしまうのだが,少しだけ気になるものがあった.「食い込み祭のお知らせ」.
読まずに捨ててしまったが,一体何だったのだろう「食い込み祭」というのは.想像するに,埼玉県の秩父あたりで行われている祭なのだと思う.食い込み地蔵のお祭「食い込み祭」.ちょっとした名物ではないだろうか.食い込み地蔵は,地元では「食い込み様」と呼ばれて親しまれる地蔵だ.ご利益だって馬鹿に出来ない.

秩父の田舎から東京に住む孫の運動会にやって来たお祖父ちゃん.朝早くからベストポジションを確保して準備も万端だ.後は孫が一番でゴールするのを待つばかり.
しかし残念ながら,孫は走るのが苦手.スタートで出遅れ,現在ビリの5番目.手を合わせるお祖父ちゃん.
「食い込み様.頼みますだ.孫を一番にしてくんなさいまし」
孫の足が驚くべき速さで動き出す.脅威の加速.5番目から1番目に躍り出る.結果は孫が1位に食い込んだ.凄いぞ,食い込み様.

突然の強風.カツラ愛用のお父さんには油断なら無い強敵だ.
「食い込み様,私の頭をお願いします」
カツラが頭皮にしっかり食い込む.どんな強風だってへっちゃらだ.テニスに水泳だってなんのその.今まで塞ぎ込みがちで冴えなかったお父さんがスポーティーパパに大変身.年頃の娘の笑顔も明るい.
凄いぞ,食い込み様.

江戸時代.刺身とご飯を前にして考える貧乏な商人.食い込み様に対する信仰は人一倍あつい.
「何か,新しい商売ねえかなあ.いいこと思いつかねえかなあ.食い込み様,なんとかならねえかなあ」
目の前で刺身に食い込むご飯.握り寿司誕生の瞬間だ.
凄いぞ,食い込み様.

卒業を前に片思いの男の子に告白できずに悩む中学生女子.春になれば進路もばらばら.次に会うのはいつになるのか想像も付かない.そんな中学生女子は,食い込み様に手を合わせる.
「私のこの思い叶えて下さい.お願いします.食い込み様」
女子の願いが食い込み様に通じる.次の日には意中の男の子に呼び出しを受ける.
「何だか,卒業を前に,お前が俺の心に食い込んできたんだ.付き合ってくれ」
中学生女子は嬉しさのあまり涙を流す.
凄いぞ,食い込み様.

秩父で盛大に行われる食い込み祭.秩父といえば,秩父音頭や秩父夜祭などが有名だが,もっと食い込み祭をアピールするべきなのだと思う.

| | Comments (0)

March 10, 2006

YAHOO

約500万年前
人類の誕生.

20万年前
哲学者ンボロンが「どの山にも頂上がある」という説を発表.当時の人類に衝撃を与える.一年で最も優れた研究に対して贈られるソンベル賞はンボロンが受賞.

10万年前
有名な登山家ソコネンは山頂で叫ぶと爽快感を得られることを発見.「スチャー」,「シュホー」,「ムヘー」,「ホヒー」など様々な叫びが生まれた.山頂で叫ぶ習慣はこの時に始まったと考えられる.

8万年前
モヘンジョが人類史上初めて山頂で「モッホー」と叫ぶ.これまでの「スチャー」,「シュホー」などの叫びに比べて,段違いの爽快感が得られることを発見.山頂で「モッホー」と叫ぶことが流行となる.この後,「モッホー」以外の叫びは徐々に消滅.

7万年前
思想家シャコルルが「モッホー」に疑問を抱く.同じように「モッホー」に疑問を抱く人々と共にシャコルル派を結成.

5万年前
シャコルル派のホムホムが「ヤッホー」を考案.以来シャコルル派はヤッホー派と呼ばれ,従来の「モッホー」を使う人々はモッホー派と呼ばれる.

4万年前
モッホー派とヤッホー派が覇権を巡って対立.

3万5千年前.
モッホー派の指導者ソレーネが支配者として君臨.「ヤッホー」の使用を禁止し,ヤッホー派を弾圧.
「モッホーでなければ,人でなし」

3万年前
モッホー派によるヤッホー狩り激化.

2万年前
ヤッホー派によるヤッホー革命.「ヤッホー」の使用が認められる.

1万5千年前
「ヤッホー」の方が「モッホー」よりも得られる爽快感が上であると科学的に証明される.「ヤッホー」人口が急増.

1万年前
頂上で叫ぶ言葉は「ヤッホー」で統一される.「モッホー」は完全に消滅.


現在
八ヶ岳の頂上.
「やっぱり山頂は気持ちいいよね」
「登ったかいがあるな」
「それじゃあ,いくぞ.せーの」
「「ヤッホー」」
「ああ,ヤッホーっていいなあ」
「でも,ヤッホーって誰が考えたんだろうね」
ヤッホーの歴史を彼らは知らない.

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 09, 2006

誠意の味方

誠意を示さなければならない場面は突然やって来るのだと思う.
「誠意ってなんだろうね」という問いにドラマ「北の国から」の人は,かぼちゃを渡して応えた.ちょっとどうだろうと思うがそれもありなのだろう.人それぞれの誠意があってもいいと思う.この先の人生,私にも社会人として誠意を示すときがあるのかもしれない.そのときに向けて準備しておくのが,できるビジネスマンというものではないだろうか.

「誠意って何だろうねえ」
そう言う取引先の課長に渡すのは,デアゴスティーニのバインダーセットだ.「週間……」の創刊号に付いてくるバインダーだけを集めたセット.漢方ライフのバインダーから青春の歌のバインダーまで全てを網羅.もし自分が受け取ったら,その日は興奮で眠れそうにない.

「こんなことになってしまって,君に誠意は無いのかね」
サービスセンターで怒鳴るお客さん.そんなお客さんにも冷静に対処.
「はい,それでは上を向いて口を開けて下さい」
「こっ,こうかね」
「はい,それでは行きますよ」
お客さんの口にたらす甘い汁.
「うわー,甘いよ.甘いよ」
「これが噂の甘い汁です」
「ええっ,あのよく悪い人が吸うあの甘い汁かね.何か思ったよりもこってりとした甘さなんだねえ」
甘い汁に誠意を感じるお客さんだ.

「誠意を示してくれないとこっちとしても困るんだがねえ」
そんな取引先の部長の内ポケットに捻じ込むバニラエッセンス.
「君,こんなことされても困るよ」
「いやいや,誠意ですから取っておいて下さい」
スーパーに行くといつも気になるバニラエッセンス.欲しいと思いつつも,絶対に使わないよなあと買うことを諦めていたバニラエッセンスだ.多分,誰でもこの気持ちはあると思う.内ポケットのバニラエッセンスを確認した部長も「これじゃあ,わしは,バニラを味わい放題じゃないか」とどこか嬉しそうだ.

「誠意を示して欲しいものだね」
と怒る年配のお客さん.そんなお客さんのカバンに詰めるのは酢飯だ.
「君,これはあれかね.酢飯かね」
「はい,私をお好きなようにネタにして握ってくださいということです」
「若い人にもこんな礼儀を知っている人がいるんだね.そうか,君の誠意は受け取ったよ.日本もまだまだ捨てたもんじゃないね」
江戸時代から始まった誠意の示し方「覚悟の酢飯」.日本人の心の美しさがそこにある.

いろいろな誠意の示し方.酢飯あたりは結構いけるんじゃないかなあと本気で考えている.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2006

ムニエル繁盛記

デパートの魚屋の舌平目に付けられていた札には「ムニエル最高!」と書かれていた.「ムニエル『に』最高!」ではなく,「ムニエル最高!」だ.察するに,舌平目がムニエルに最高ということではない.単に魚屋の人が個人的にムニエルに対する思いを書いた札なのだと思う.舌平目を見ているうちにムニエルで心が一杯になり,ついには抑えきれず「ムニエル最高,わー」と爆発してしまった結果が札に書かれた文字だ.
魚屋のムニエルに対して特別な思いがあるのだと思う.

魚屋の故郷は岩手の貧しい漁村.一家はその村でも特に貧しく,正月の餅すら手に入らない.そんな魚屋の年に一度の誕生日のご馳走は舌平目のムニエル.フランス人の母ちゃんが腕によりをかけて作った御馳走だ.香辛料の匂いが食欲を刺激する逸品.ちゃぶ台に上ったフランス製の白い皿.そこに乗せられたムニエルをキラキラと輝くフォークとナイフでかちゃかちゃと食べる.
「母ちゃん,ムニエル,最高だよ」
「オー,カアチャンモ ウレシイネ」
ムニエル最高.

雑誌の広告の体験談.
今まで暗くて勉強もスポーツも全然駄目.同じクラスの女子には「てめーキモイんだよ.死ね」と言われ,男子には「パシリ」と呼ばれて買出し行かされる毎日.そんな僕でしたが,ムニエルに出会ってから変わりました.今まで片思いの女の子に告白され恋人ができました.成績もぐんぐん伸び学校で一番です.今度インターハイに出場することも決まっています.ムニエル最高です.

街中での暴力団の抗争.響く銃声.飛んできた流れ弾に当たった魚屋が倒れる.しかし,魚屋は一命を取り留めた.胸の内ポケット偶然入っていたムニエルで弾が止まっていたのだ.ムニエル最高.

「誰か,引ったくりよ.捕まえてー」
女性のバックを持った男が走り去る.そんな男に向かって飛んでくるのはムニエルだ.
「おい,そこの男.そうはいかないぞ」
ムニエル片手に現れたムニエル平次.投げるムニエルが悪を討つ.この世に悪の栄えたためしなし.ムニエル最高.

満開のムニエル.時折吹く風がムニエルを散らせる.古い寺を背景にムニエルが咲き誇る京都.この季節の京都はムニエルが最高です

魚屋のムニエルへの思い.見かけた「ムニエル最高!」が心に引っかかり続け,一週間後には舌平目を買ってムニエルにして食べてしまった自分.負けた自分に悔いはない.

| | Comments (0)

March 07, 2006

水菜

水菜という野菜が,どう生えているのか分からない.弱々しい細い茎,すぐに抜けてしまいそうな根.他の野菜とは違うひょろひょろとした雰囲気を醸し出している.あの細さで強い風雨に耐えることができるのだろうか.心配でならない.いや,それでもやはり普通にほうれん草や白菜のように畑に草に植わっているのか,稲のように水が張られた田んぼのようなところに植わっているのか,むしろ水草のようになっているのか.謎だ.やはり特殊な生え方をしていると考えたほうが自然なのかもしれない.

「あら嫌ねえ.まただわ」
お母さんが台所の排水パイプを覗き込んで言う.
「全く油断するとすぐ生えてくるのよねえ」
排水パイプにみっちりと生えた水菜.ひょろひょろとした茎は排水パイプで生きる草の証.風雨に晒されることのない環境で,安心して伸びることができる理想的な形だ.

最近めっきり頭が寂しくなってきたお父さん.毎晩,育毛剤を盛んに頭皮に振りかけマッサージだ.そのお陰なのか分からないが,どこでどうなったのか,何故か水菜が生えてきた.頭はフサフサだし,シャキシャキとした食感が楽しいしでお父さんは嬉しい悲鳴をあげている.

「お前らはよく頑張った.結果は負けだったけれど,この経験は将来必ず役に立つ.涙を拭いて学校に帰ろう」
監督は野球部員達に向かって言った.
「監督.ありがとうございました」
泣きながら野球部員達が監督に駆け寄る.監督は隠れて待っていた水菜農家のおじさんに目で合図.おじさんはこっそり出て行って野球部員の心に生えた水菜を収穫.高校生の夏の悔しさに生える野菜,それが水菜だ.契約農家による独占収穫.高校生の涙の裏で水菜と金が乱れ飛ぶ.

小学校の修学旅行の男子大浴場.
「おい,見ろよ,丸和のやつ,もう水菜が生えているぞ」
小学生達が沸き立つ.「えー,マジ」,「すげー」,「このクラスで一番じゃないか」,「早くないか」.注目が集まる丸和君の水菜.
「やめろよ,見るなよ.やめてくれよ」
泣きながら隠す丸和君.
風呂上りに穿いた半ズボンの裾から顔を覗かせる水菜の青さだ.

たとえ普通に畑に生えるものだとしても,自分の中の水菜はそれを許さないところまで来ている.

| | Comments (2)

March 04, 2006

NASA

昔に比べてNASAの存在が近くなっている気がする.先日スーパーで貰った水を宣伝するチラシには,NASAの新素材で濾過してできた純水を提供しています,とのことが書かれていた.アメリカが自国の科学の粋を尽くしているアメリカ航空宇宙局,NASA.そんなNASAの技術の成果が,埼玉の片隅のスーパーに.便利な世の中になったものだ.
スーパーにまで普及したNASAの技術.知らない内に生活に入り込んでいることは否定できない.

「箒で掃除をするとき,使い終わったお茶の葉を撒くと埃が舞い上がらないよ」
いろいろなことを知っているおばあちゃん.自分の知恵を披露した後,笑ってこう付け加える.
「NASAの研究結果だよ」
おばあちゃんのNASA袋だ.
「ジャガイモの皮をむきやすくするには,茹でた後冷水に浸すんだよ.NASAの論文に書かれていたよ」
おばあちゃんのNASA袋の中身は尽きることを知らない.

今年の夏流行すると予測されている斬新な髪型,NASA刈り.宇宙では最も活動しやすい理想的な髪型だ.宇宙では,宇宙飛行士は全員その髪型にするという.地上の人には秘密だった最高機密が今年の夏の流行へ.

NASAの新素材で漬けた茄子.ヒューストン名物,茄子のNASA漬けだ.カリカリしつつ,それでいてシコシコとした食感が好評とのことだ.

鮭を捕獲するヒグマ.今年は,その爪にNASAの技術が導入されたそうだ.「例年よりたくさん鮭を食べられそうだ」とヒグマは嬉しそうに語っているという.

同じクラスの山田NASA郎.彼のおじいちゃんが宇宙時代の到来を予感して付けた名前だ.将来はきっと世界に羽ばたく人物になるだろう.知らないけど.

日常の知恵から宇宙までを手広くカバーするNASA.知恵自慢のおばあちゃん達がたくさん所属する部署があったりするんだと思う.

| | Comments (2)

March 03, 2006

鶏冠

先日,会社の人がイライラした様子で「もうトサカに来たよ」と言っているのを聞いた.「トサカに来る」という言い回しがあるのは知っているが,実際に使っている人を初めて見た.書くまでもないが,トサカとは鶏の頭についているあれだ.少しコミカルな感じのふにゃふにゃした肉塊.怒っていたりイライラした時にトサカのことを思うと,そんな気持ちもどこかに飛んで行ってしまいそうだし,自分の頭に付いているわけでもないので「トサカに来た」という言葉を使ったことはない.しかし,真面目な表情で「トサカに来たよ」という彼.彼の頭にトサカが載っている様子もない.どこか見えない所にトサカでも付いているのか.

「ああ,何だか奥歯が痛いなあ」
歯医者に行って診察してもらうと,口の奥でトサカが顔を覗かせているとのこと.親不知のさらに奥にあるトサカ.これが出てくる例は稀だという.

「いやー,酒がトサカに染みるなあ」
と言いながらお酒を美味しそうに飲むおじいちゃん.膵臓の中にあるというトサカ.アルコールを分解する消化液的な汁が出る器官だ.

虫に刺されたせいで,背中にできた小さいトサカ.トサカ虫が血を吸ったあとだ.かなりの痒さを伴うが,掻いてしまうとトサカが一生残ってしまうらしい.

ある農村で子供が産まれた.
「勇者が産まれたぞ.この村に勇者が産まれたぞ」
子供を一目見た父親が大声を出して村中を駆け回る.村に昔からある「尻にトサカのある子供は世の中に平安をもたらす」という言い伝え.
この子供が豊臣秀吉と呼ばれるのは,まだ先の話である.

何のために鶏の頭に載っているのか分からないトサカ.実はあると結構便利なのかもしれない.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2006

稲葉ウワ

フィギュアスケートで話題の技「イナバウアー」.技の佇まいもそうだが,名前にも勢いがある.これさえあれば,大抵のことは乗り越えられる気がする.

・上司に怒られてイナバウアー
・米が不作でイナバウアー
・降りしきる雨の中イナバウアー
・食前食後にイナバウアー
・目,肩,腰にイナバウアー
・風呂上りに冷えたイナバウアー
・納豆の薬味に刻んだイナバウアー

スケート以外でもカジュアルに繰り出されるイナバウアー.今年はイナバウアーが日本を席巻するだろう.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »