« February 2007 | Main | April 2007 »

March 29, 2007

おじさんの長さ

「足長おじさん」.改めて考えてみると何者なのだろう.「足長おじさん」なる話を読んだことがない私は何者なのかさっぱり分からない.「足長おじさん」という言葉が使われる文脈から判断するに,ただ足が長いだけのおじさんではないようだ.日本の妖怪に「手長足長」という,手が長い妖怪と足が長い妖怪の二人組みがいるのだがそれとも違う気がする.足が長いことに何の意味があるのか.そして,長いのは足だけでいいのだろうか.

「こんな硬そうな食べ物なんか食べられないよ」
「こんなの消化できないよ」
「こんなの食べたらお腹壊すよ」
今日の給食のメニューに困惑する小学生達.そんな小学生達の前に颯爽と現れるのは,腸長おじさんだ.
「どれ,おじさんに食べさせてごらん」
怒涛の消化力で栄養摂取.自慢の長い腸でどんな物でもしっかり消化,しっかり栄養.栄養おじさんと呼んでもいい.
「凄いよ,おじさん」
小学生の賞賛の声を背に受け,颯爽と去る腸長おじさん.腸長おじさんになりたい,そんな小学生がこれからも増えることだろう.

「ああ,なんて破廉恥な」
マンホールを見てドキドキ.
「うひゃー,凄い物がついちゃったよ」
森の茂みから出てきた自分のセーターについたオナモミを見てハラハラ.
エロ本を拾って自分の部屋へ走る.空にきらめく星達をみて詩を書く.あの人のことを想って枕を涙で濡らす.
そんな毎日を過ごすのは齢45にして思春期街道を突っ走る,思春期長おじさんだ.大人の階段を上れなかったおじさん.未だに階段の前に佇んでいる.

「ホーホウーホッ,ホッ」
ボルネオのジャングルにホエザルの声がこだまする.その声に競うかのようにこだまする声.
「ペレペレペレペレ」
ボルネオの珍猿,尾長おじさんだ.品の良いスーツにネクタイ,ソフト帽を被った紳士姿の猿.枝から枝へ素早く飛び移る.樹上で生活するボルネオの尾長おじさん.
現地では早朝に尾長おじさんを見ると,幸運が舞い込むという縁起のいい猿としても有名だ.

「噂以上の凄い長さだ」
「長いとは思っていたけど,あそこまでとは思わなかったよ」
感想を口々にする人々.そんな人々の前に立っているのは,長めおじさん.想像を絶する長さおじさん.重要なのは,かなり長いという事実であって,何が長いとかいう議論はどうでもいいことだ.

絶滅危惧種にもしていされている尾長おじさん.尾長おじさん募金に協力するところから始めたい.

| | Comments (0)

March 17, 2007

神反り

安全カミソリが知らぬ間に凄いことになっていた.普段安全カミソリを使わない者としては,2枚刃の安全カミソリがいいカミソリなのだろうと思っていた.しかし,今は6枚刃の安全カミソリが登場する時代だった.
これは何事だ.そんなに刃を付けてどうするのだろう.刃をたくさん付ければ,いいというのだろうか.これからも刃を増やし続けるつもりなのか.しかし,既にカミソリの刃を増やすだけでは不十分なところまで来ていると思う.新たな付加価値の創造が安全かみそり業界に求められているではなかろうか.

ラーメン屋で悩む昼ごはんのメニュー.
ラーメンよりもチャーハンが食べたいけど,食事にスープが欲しいからラーメンを食べてもいい.そんな悩み多き食事時にも安心.今度のかみそりには今までの6枚刃に加えて中華スープ付きだ.ヒゲを剃りながらスープを飲む.逆にスープを飲みながらヒゲを剃ってもいい.
ヒゲ→スープ→ヒゲ→スープ.
ヒゲとスープの波状攻撃だ.

寝苦しい夜.不安な夜.思わず寝返りをうつ.
「ああっ,多い日なのに寝返りうってしまった」
そんな時でも安心.なぜならば今度のかみそりには6枚刃に,さらに横漏れ防止サイドギャザーが付いているから.ギャザーが横漏れをしっかりカード.はみだし者を許さぬギャザーの頼もしさ.

創刊号はバインダーが付いて290円.

おじいちゃんの誕生日.孫がおじいちゃんにプレゼントを渡す.
「おじいちゃん,この安全かみそり.お誕生日プレゼント」
「ありがとうなあ,ヨシヒコ.おじいちゃん大切に使うからなあ」
おじいちゃんに渡された安全カミソリ.6枚の刃.そして.7枚目に付いていたのは,「おじいちゃんを想う孫の心」.6枚の刃が久蔵のヒゲを残さずカット,7枚目のおじいちゃんを想う孫の心が久蔵の心の汚れを残さずカット.
祖父久蔵80回目の春は剃り残しがない.

7枚目に加わる新メンバー.安全カミソリが新しい世界に一歩を踏み出す.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 06, 2007

最高低気圧

日本に接近する低気圧.天気予報で気象予報士は「発達しながら低気圧が日本に接近」,「勢力を弱めながら日本に接近」と伝えるが,低気圧として「発達しながら」,「勢力を弱めながら」くらいの個性しかないのか.本当の低気圧は個性的なのに,その個性を気象予報士が切り捨てているのではなかろうか.個人的には,低気圧はもっと何かをしながら日本に接近していると思う.

・フレンドリーに
・割とカジュアルに
・小刻みに震えながら
・多めに作ったカレーを小分けにしながら
・嬉し恥ずかし
・子羊のテリーヌに季節の野菜を添えて
・若さという窓辺に勇気という花を飾って

低気圧の没個性時代.気象予報士の陰謀.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2007

男達のエルニーニョ

今年の暖冬はエルニーニョ現象のせいだということを聞いた.最近は毎年のように「エルニーニョ現象のせい」という言葉を聞いているような気がする.「エルニーニョ現象のせい」.これは結構便利な言葉だと思う.

話題になった事件の判決日.
裁判所の外で判決を待つ人へいち早く知らせようというと,判決の書かれた紙を掲げた人が法廷から駆け出してくる.その紙に書かれているのは,「エルニーニョ現象」.判決の難しい裁判に悩んだ判事が出した結論は「エルニーニョ現象のせい」.
「エルニーニョならしかたないよね」と被告も原告も納得の結果.その手があったかと有識者も賞賛.
現代の大岡裁きここにあり.

夕方の学校から駅までの帰り道を歩く男女の高校生.
「ねえ,何であたしが好きになったのか教えてあげようか」
大きく一歩,ぴょんと踏み出してカバンを後ろ手に持ってくるりと振り返る.
「えっ,何で」
と少し慌てる男の子に,にっこり微笑んで女の子は答える.
「うーんと,エルニーニョ現象のせいかな」
キラキラと輝く夕日.青春の一ページだ.

最近,北村さんの養豚所で飼育されている豚の育成がとてもいい.どうやらエルニーニョ現象のせいらしい.
エルニーニョ→豚への思いやり→豚の育成
エルニーニョ現象が引き起こす豚への思いやり.世界的規模で豚が発育.現代の風が吹けば桶屋が儲かる,エルニーニョが起これば豚が肥える.

今夜も枕を涙で濡らす夜.
そんな哀しい夜もエルニーニョのせい.

品川でちょっと贅沢なランチのお店.
中でも人気なのが一日30食限定の「シェフの気まぐれサラダ」だ.
味の決め手はちょっと刻んで入れたエルニーニョ.野菜のみずみずしさとエルニーニョの酸味がハーモニーを奏でる.

そんなエルニーニョ現象.会社に入っていつまでも同僚とぎくしゃくするのも,友達だと思っていた人からメールの返信が来ないのもきっとエルニーニョ現象のせいだと思う.

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »