« October 2007 | Main | December 2007 »

November 19, 2007

モホ面

モホロビチッチ不連続面.略してモホ面.高校で地学を取った人なら憶えているであろう衝撃の不連続面.何が不連続なのかはどうでも良くなる名前のインパクト.モホロビチッチ不連続面,一体何者だったのだろう.

OLの給湯室での会話.
「今度来るうちの課長ってイケメンでモホメンらしいわよ」
「ええっ,あのモホロビチッチ不連続面なの」
「そうなのよ.その上,セレブ気取りらしいのよ」
「それってうざいよね」
セレブ気取りのイケメンでモホ面課長降臨.

思春期な人が陥りがちな過ち「自分探しの旅」.丸和太郎君も過ちを犯した一人だが,旅の途中で新たな自分の一面を発見.発見した一面は「モホロビチッチ不連続面」.略して「モホ面」.自分の中に存在するモホ面.発見したくなかった一面だ.
「自分探しの旅で何か見つかった」
という思春期友達の問いかけにモゴモゴと口ごもる.

「今日はみんなに転校生を紹介する.入って来い」
ざわめくクラス.入ってきた転校生の日本人離れした容姿にさらに色めき立つ.転校生が黒板に書いた文字は「モホロビチッチ不連続面」.
「ミナサン コンニチハ. モホロビチッチ フレンゾクメン デス.モホメン ト ヨンデクダサイ.ヨロシク オネガイシマス」
クロアチア人の父,日本人の母との間に生まれたモホロビチッチ不連続面だ.

卒業生による答辞.
「平成19年3月」
代表者の言葉の後を,卒業生達が声を合わせた言葉が続く.
「「ぼくたちは」」
「「わたしたちは」」
「卒業します」
「「卒業します」」
「力を尽くした体育祭」
「「体育祭」」
「お父さん,お母さんによるモホロビチッチ不連続面」
「「不連続面」」
静かな体育館に響く声が響く.会場の父親,母親が成長した我が子の姿に一斉に感動の涙を流す.

陸地では地下約75kmに存在する地震波速度が急激に変化する面,モホ面.地下深くで牙を研ぐ恐ろしい面だ.

| | Comments (0)

November 13, 2007

よろしく人間ドック

会社の名前と外出先が書かれたホワイトボードに「丸和太郎 人間ドック」と書かれていた.もちろん「丸和太郎」は仮名だ.
人間ドックのドックは,船などを修理するときに入れるドック(dock)であり,よろしくメカドックのドックだとは分かっているし,犬はドッグ(dog)であることも分かっている.しかし,自分の中に「丸和太郎 人間ドック(人間犬)」と書き加えたくなってしまう気持ちになる.
「人間ドック(人間犬)」と書かずに踏みとどまっていられるのは,実際に書いてしまうとあまり面白くないなだろうなあと想像できるからだ.しかし,書かずに終る自分も不完全なままな感じがする.何か書きたい.何か書き換えたい.

・「丸和太郎 人間ヒューマン」
・「丸和太郎 人間大好き企業」
・「丸和太郎 人間と動物と」
・「丸和太郎 人間「丸和太郎」」
・「丸和太郎 民間人」

丸和太郎,人としての生きる道を一歩踏み出したばかりだ.

| | Comments (5)

« October 2007 | Main | December 2007 »