« May 2008 | Main | July 2008 »

June 19, 2008

椿本メール

携帯電話からメールを送ろうとしたときのこと.「ツバメ」と打とうとして,「つば」まで打って予測変換で出てきた候補は「椿本チエイン」.
何者なのか,椿本チエイン.今まで「椿本チエイン」と打ったことはないし,これからも「椿本チエイン」と打つことはないと思う.私は「椿本チエイン」を知らないが,世の中ではみんな知ってる「椿本チエイン」なのだろうか.
「椿本チエイン」って何なのだろう.

北京オリンピックから新たに正式競技となったスポーツ,ヌフス.
オリンピックでの注目の一戦は,北村ジャパン対椿本チエインだ.北村監督率いる日本チームと,椿本監督率いるチエインチーム.かつては世界で活躍していた日本人選手の椿本監督が故国のチームと火花を散らす.
尻の間に挟んだスパゲティーを落とさないように110メートルハードルを走りきる競技,ヌフス.ホンジュラスの国技だ.

ある日の教室.
「今日は転校生を紹介する.自己紹介をしてくれ」
「こんにちは.椿本チエインです.よろしくお願いします」
色めきたつ生徒達.
その中で一人,特に嬉しそうな顔をする丸和太郎君.「俺が家で飼っている金魚と同じ名前だ」と勝手に転校生に親近感を抱くのだった.

ハンムラビ法典に書かれた有名な一節.
「目には目を,歯には歯を,椿本にはチエインを」

ある歌番組での一場面.
「今日のゲストはアイドルの若林こずえちゃんです」
「初めまして,若林こずえです.よろしくお願いします」
「いやー,近くで見るとますます可愛い.そんなこずえちゃんが自分の体で一番気に入っているパーツはどこ」
「ええと,椿本チエインかな」
椿本チエインとは,二つの鼻の穴の間に存在する仕切り.椿本チエインが好きなアイドル若林こずえ.父親の職業は市役所員だ.

夫の人間ドックの結果の告知に呼ばれた妻.
「大変言いにくいのですが,椿本チエインです」
「それで,夫はどうなるんですか」
「椿本がチエインしています」
「それで,あとどれくらい生きられるんですか」
「死ぬまで生きることになります」
泣き崩れる妻.

携帯電話の予測変換に入っている程みんな知ってる「椿本チエイン」.
女子高生とかが公衆の面前で「椿本チエイン」と言っていたりするのを想像すると,何故かは分からないが,ドキドキする.


| | Comments (0)

June 09, 2008

部屋とあいさつと私

店員の話が続いて申し訳ない.本当は申し訳ないと思っていませんが.
ともかく,近所のスーパーで買い物したらレジのお姉さんには「私は大きな声であいさつ致します」と書かれたバッジが付けられていた.他の店員はそのようなバッチはつけていなかった.何かの罰ゲームだろうか.それとも何かお客さんに伝えたいことがある店員がそのようなバッジを付けているのだろうか.

ちょっと顔を赤らめてお釣りを渡す仕草.はにかみながら言う「ありがとうございました」の声.思わせぶりにチラリと見せるバッジ.
「放課後,中庭で待っています」
高鳴る鼓動.この胸のときめき.自分の時代は終っていなかった.

魚売り場で「あのときムロアジを持っていれば」とムロアジを並べながら悔し涙を流し,「豆腐のせいで」と豆腐を握りつぶす店員.そんな店員に付けられたバッジの文字.
「私の高校3年の失敗は取り返せません」
どうでもいい.

お客さんに不親切な店員.売り場を聞いても無視,レジに立ったらお釣りを投げつける.サービスカウンターにクレームを入れようと名札を見る.
「私はお客さんが嫌いです」
サービスカウンターにクレームを入れなくて良かった.危うく見当違いのクレームを入れて恥をかくところだった

明るく清潔な店内,爽やかな店員,手ごろな価格で提供される安全な食品.買い物するのが楽しくなるスーパーマーケット.そんな店の一人の店員に付けられたバッジ.
「店長には産まれて以来この店の座敷牢に閉じ込められている双子の弟がいます」
今年で48歳になる店長.20年間,弟を探しているが未だに見つからない.

スペイン人っぽい顔つき.パエリアが好きそうな物腰.ガウディがいつも心の中心にいる話し方.そんな店員に思わず声を掛けそうになる.「すみません.アンダルシアはどこにありますか」.しかし,その店員に付けられたバッジで我に返る.
「日本人」.
迂闊に声を掛けなくて良かった.バッジが付けられて本当に良かった.

「私は大きな声であいさつ致します」と書かれたバッジを付けていた店員だが,大きな声であいさつしていなかった.嫌がる店員に無理やりバッジを付ける店長.ちょっとしたセクハラだ.

| | Comments (0)

June 03, 2008

係り結びの法則

先日,ある店へ買い物へ行ったら店員の名札に「親切係」と書かれていた.気になって他の店員の名札を見たら「店長」,「副店長」などと書かれていたが,一人の名札だけ「親切係」.何も書くことがないから無理やり「親切係」と書かれたみたいで,目頭が熱くなった.その店の店員は役職がなかった場合,無理やり嫌がらせのような係を名札に書かれるのだろうか.

レジを打つ店員.
「いらっしゃいませ.こちら大根が128円」
大根が鳩になり飛んで行く.
「こちら牛乳が168円,ひき肉が483円,もやしが32円」
次々に鳩に変える店員,「手品係」.
お金を払うお客さんと手品係を鳩が見守る.買おうと思った物は全部鳩になってしまったけど,鳩に見守られて心安らぐお客さんだ.

二人連れの客に声を潜めて話しかける店員.
「お客様,先日ご予約いただいたあれ,今日モロッコから入りましたよ」
「ええっ,やっと入りましたか」
「それから,そちらのお客様.ご注文の品が,ブラジルから届きましたよ」
「待っていたのよ」
二人連れにタコと鶏肉を渡す店員.「係」.普通の買い物にドキドキするお客さんだ.

ゴルフ用品売り場でドライバーを手に取るナイスミドル.
「いらっしゃいませ.何をお探しでしょうか」
「この,ドライバーが欲しいんですけど」
「何を言っているの,タダシ.また無駄遣いして.何度言ったら分かるの」
「えっ,私,タダシじゃ」
「こんな物を買うんだったら,もうお小遣いはなしよ」
「でも,これ欲しいんですけど」
「分かったら,返事は『はい』でしょ」
「はい」
売り場を取り締まる「お母さん係」.店の売り上げ減少に貢献する.

野菜売り場の主婦に声を掛ける店員.
「お客様,よろしいですか」
「はい」
「こちらのアボカドですが,語源は日本語では『睾丸』を意味するはナワトル語らしいですよ」
続いて魚売り場の女子小学生に声を掛ける.
「お譲ちゃん,お譲ちゃん.フグの白子を食べると妊娠しちゃうらしいよ」
売り場のエロをお客さんに伝える「エロス係」.お客さんからの評判は意外と良い.

「親を切る係」と書いて「親切係」.だからどうということもない.

| | Comments (2)

« May 2008 | Main | July 2008 »