« February 2009 | Main | April 2009 »

March 26, 2009

手作りお婆ちゃん

「手作り」というアピールは,もう充分だ.特に食べ物に多いように思うのだが,「手作り○○」のような製品を見かけることがある.この「手作り」は何を消費者にアピールしたいのだろう.「機械作り○○」とした場合と比べて,何がよいのだろう.
「機械作り」よりも「手作り」の方が良いというのだろうか.個人的には,「機械作り」は悪くないと思っている.「清潔な製造ラインで,品質を一定に保ち,歩留まりを向上させ,安価な○○を提供いたします」は充分良いと思う.職人が一つ一つ手作りをしたというのならば別だが,工場の生産ラインのおじちゃんやおばちゃん,場合によってはお爺ちゃんやお婆ちゃんの手作りと比べて機械作りが信頼できそうな気がする.
とはいえ,「手作り」という響きに惹かれる気持ちも分からなくはない.「お婆ちゃんの手作り」となればさらに惹かれるところもあるのだろう.

秋葉原で一番売れているUSBメモリといえば,「お婆ちゃんの手作りUSBメモリ」だ.お婆ちゃんが,毎日夜遅くまで一つ一つ丁寧に心を込めて作り上げたUSBメモリ.採れたての半導体使って一枚一枚ウェハーからの純手作り.
PCに挿せば,ぽたぽたとのんびりとデータを転送.手作りだからデータ転送に陽だまりのような暖かみがある.
秋葉原の人々は,田舎のお婆ちゃんを思い出して涙を浮かべる.

"3,2,1,booster ignition and liftoff of the shuttle..."
飛び立つスペースシャトルを感慨深く見上げるお婆ちゃん.彼女こそはスペースシャトルの製作者だ.そして飛び立ったのは「お婆ちゃんの手作りスペースシャトル」だ.お婆ちゃんが部品を一つ一つ作って組み上げたスペースシャトル.手作りだから安心安全だ.
彼女の名前は山田なさ(91歳).島根県出身の達者なお婆ちゃん.NASAという名は彼女の名前に因んで付けられたことはあまり知られていない.
「さーて,帰って,おじいさんの晩御飯作らなくちゃね.お腹を空かして待っているだろうからね」
ケネディ宇宙センターを後にする,山田なささんの凛々しさ.

サウジアラビアの砂漠で労働する一人のお婆ちゃん.
「日本の子供に安全なプラスチックを」という夢を抱き一人でサウジアラビアにやって来たのだ.
お婆ちゃんが,手作業で採れたての石油を新鮮なうちにその場で精製してプラスチックを合成.手掘りで採掘した石油だから安心安全,石油だって天然だから安心安全.お婆ちゃんが採った石油は,他の石油に比べてちょっと甘みがあるとアラブ人の間でも評判だ.合成したプラスチックだって他で作られたプラスチックよりも,パリパリとしている.

はじめに,お婆ちゃんにより天と地が作られた.地は形なく空ろで闇が水の面にあり,シワが水面を覆っていた.お婆ちゃん「光あれ」といい,光が作られた.光と闇が別けられた.これによって光が昼,闇が夜と名付けられた.夕があり,朝があり第一日となった.
お婆ちゃんの創世記の一説.この世界はお婆ちゃんの手作り世界.

この世界に存在する物の90%はお婆ちゃんの手作りだ.残りの9%はお爺ちゃんの手作り.さらに残りの1%は老人ホームから支給される.

| | Comments (0)

March 15, 2009

お人間さんみたい

「お人形さんみたい」というのは褒め言葉だろうか.私は「お人形さんみたい」という言葉が褒め言葉であるようには思えない.個人的には人形に対して,不気味であるというイメージを持っているからなのかもしれない.人形と言われて私の頭の中に思い浮かぶ人形といえば,日本人形や蝋人形だ.
日本人形みたいな人は不気味な感じがするし,蝋人形みたいな人は東京タワーの蝋人形館に展示されてしまえばいいと思う.
「お人形さんみたい」よりも,褒め言葉としてはもっとふさわしい言葉があるのではないかと思う.

・畑の牛肉みたい
・溶鉱炉みたい
・世阿弥みたい
・中央分離帯みたい
・ギャザーみたい
・沼みたい
・カブトエビみたい
・未発見の類人猿みたい
・犬の餌みたい
・軽い尿漏れみたい

見知らぬ子供に「君は世阿弥みたいだね」と言ってみたり,子連れの母親に「お子さん可愛いですね.未発見の類人猿みたいですよ」と言ったりしてみたい.頼もしくも可愛らしい女性には「ギャザーみたい」と言って褒めてあげたい.
少なくとも自分にとっては褒め言葉.

| | Comments (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »