« May 2009 | Main | July 2009 »

June 24, 2009

嘆き酢

「投げキッス」は本当に存在するのだろうか.勉強不足によるものなのか,経験不足によるものなのか分からないが,私は「投げキッス」という言葉は聞いたことがあるが,実際に誰かがしているのを見たことがない.勿論,自分が投げキッスをしたこともないし,されたこともない.噂だけで実体がないということはないだろうか.
投げキッスなるものは,本当に存在するのだろうか.きっと,どこか私の知らないところに存在しているのだろう.

病院の一室でベッドに横たわる老人.その周りを医者と老人の家族が囲む.
「お父さん,お父さん,聞こえますか」
「お祖父ちゃん,死んじゃやだ」
家族は老人に語りかける.老人は家族の声に応えて最後の力を振り絞り,投げキッス.103歳の大往生だ.お祖父ちゃんの投げキッスが集まった人々に纏わりつき,ほんのり甘いピンク色が病室に溢れる.

レストランで別れ話をするカップル.重苦しい雰囲気が二人を包む.
そんな雰囲気を察したシェフが二人のために腕を振るい,ギャルソンが料理を運ぶ.
「こちらは,当店のシェフからの一皿でございます」
皿に盛られた「鮭のムニエル投げキッス添え」.鮭と投げキッスが奏でるハーモニーが二人の心に沁みる.

「走れメロス」の初版本の冒頭の一節.
メロスは投げキッスした.必ず,かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した.メロスには政治がわからぬ.……
第二版から「メロスは投げキッスした」は「メロスは激怒した」に書き換えられたという.

冬を迎えると群れで十和田湖に飛来する投げキッスの群れ.
冬の風物詩として有名だ.投げキッス達は,冬の間は湖で過ごし,春になると故郷のシベリアへ帰り,産卵して繁殖するという.

投げられたキスは空気よりも軽いため,浮力により上昇しオゾン層に達する.そして,オゾンと化学反応し,オゾン層を破壊するという.近い将来投げキッスが禁止されるというようなことが,京都議定書に書かれていたと思う.

| | Comments (0)

June 11, 2009

超サンボ氏

「朝三暮四」の故事に登場する猿の気持ちが全く分からない.
猿は飼い主から木の実を貰うのだが,何故,猿はエサの配分を「朝に木の実を四つ,暮に三つ」で不満に思い,「朝に木の実を三つ,暮に四つ」で納得したのかさっぱり分からない.
猿が何を考えて納得したのか,少しでも分かるところがあればいいのだが,全く分からない.話を聞いて「猿ならば,だまされても仕方がないよな」という思うところが少しでもあればいいのだが,思うところが全くない.
故事の意味が分からないけど,猿が飼い主に騙されて,「朝三暮四」という言葉だけが残った.そんな感じだ.
「朝三暮四」という言葉が認められるならば,適当な話を作ってそれっぽく言えば,それなりの言い回しになるのではなかろうか.

楚の国に住んでいた中学教師の話.
自分のいうことを聞かないクラスの男子生徒達.困った教師は,中学生男子にオナモミを渡した.一日一粒,男子生徒達に渡したところ,中学生男子達は歓喜してオナモミを揉み,いうことを聞いたという.そこで,多ければよりいうこと聞くだろう思い,一日五粒渡したところ,一日中オナモミを揉むことに夢中になり,馬鹿になったという.
この故事が元になり「一揉五揉」という言葉が生まれたという.
用例)「うちの子供は『一揉五揉』で志望校に落ちた」

周の国に住んでいたオシャレ女子の話.
新しく,かつ自分らしいファッションを求める女子がいた.あるファッションアドバイザーは,女子に「睫毛を全て抜いてみてはどうか」と提案した.ところが女子は「自分らしいファッションじゃない」と嘆き悲しんだ.そこで,「鼻の穴の間にある仕切りを取ってみてはどうか」と提案した.女子は「自分らしいファッションだ」と喜び提案に従ったという.
この故事が元になり「鼻喜睫悲」という言葉が生まれたという.ファッション業界の関係者であれば,この言葉は一度は聞いたことがあると思う.
用例)「最近の着まわしコーデは『鼻喜睫悲』だ」

「朝三暮四」に登場した猿のその後の話.
「朝に木の実を四つ,暮に三つ」も「朝に木の実を三つ,暮に四つ」も同じことだと気がついた猿達.そして,木の実の量も猿の生活を維持するためには少ないことにも気がついた.そこで猿は組合を作って,飼い主に木の実の量を増やすことを要求し,増やすことを認めてもらったという.猿達は,飼い主から得た木の実で投資を行い,莫大な木の実を手に入れたという.
最終的には,木の実を報酬として人を雇い,朝三暮四グループとして,グローバル企業へと成長したという.
この故事が元になり「朝三暮四その後」という言葉が生まれたとのことだ.
用例)「私の母は『朝三暮四その後』だ」

「朝三暮四」に登場した猿に関する別な話.
「3,2,1,発射」
朝三暮四の猿達を乗せたロケットは,宇宙を目指して飛び立った.飼い主だった男は寂しげに空を見上げ,涙を流すのだった.
「朝三暮四宇宙へ」.
用例)「こんな日は『朝三暮四宇宙へ』を思い出す」

「朝三暮四」に登場した猿に関するさらに別な話.
今はアメリカ人と結婚して幸せに暮らしているという.
「朝三暮四の幸せな日々」.
用例)「『朝三暮四の幸せな日々』とは俺のことだ」

朝三暮四の猿.君達の勇気は忘れない.

| | Comments (2)

« May 2009 | Main | July 2009 »