« June 2009 | Main | August 2009 »

July 25, 2009

殺人28号

した人が「人殺しー」と叫んでいた.
そんなことを叫ぶ人はいないと思う.実際に目撃したら,おそらく言葉が出ないのではないだろうか.言葉が出たとしても「あ,あ」,「うわああ」,「キャー」くらいではなかろうか.「人殺し」はあり得ないだろう.
もし殺人を目撃してしまった場合,何と叫ぶのがよいのだろう.急な殺人の目撃に備えて叫ぶ言葉を考えておくことは,無駄ではないと思う.叫ぶ言葉によっては,その殺人に巻き込まれて殺されてしまう場合だってある.

「ハムスター」
「ハムスター」と聞いた殺人者はハムスターを想像し,その可愛さに心を和ませる.荒んだ心に差し込む一筋の光.
死にゆく被害者の心も安らかに.

「逆子だー」
苦しむ妊婦を想像し,殺人者は安産を願う.そこに荒んだ心はないはずだ.

「あのとき告白しなくてよかったのか」
高校2年1学期の最後の日を思い出す殺人者.その心に蘇る後悔.思わず手を止める殺人者.
あのとき勇気があったなら,あのチャンスを活かしていれば…….殺人者は,あの時の夕日に染まる彼女の顔を思い出す.殺人者は,あの日の夕日は忘れていない.

「ねえ,お弁当作ってきたんだけど」
「えっ」と戸惑う殺人者.最近いい雰囲気になってきた友達以上,恋人未満の彼女.突然渡されたお弁当に胸はドキドキ.「あっ,ありがとう」と答えるだけで精一杯だ.
「今日の朝,急いで作ったの.だから,味は期待しないでね」
と恥ずかしそうに言う彼女.この胸の高鳴りは何だろう.

「テツオ,父さん,子育てを間違えたかな」
我に返る殺人者,鮫島テツオ.青森で漁師をしていた年老いた父を思い出す.貧しいい生活であったが,男手一つでテツオを育てた父マサハル.不器用ではあったが,必死にテツオを育てた父マサハル.初めて父を手伝って海に出た日に知った,海の厳しさ,父マサハルの逞しさ.去年の夏に漁に出たまま帰ってこない父マサハル.全てを思い出したテツオ.
「ごめんよ,父さん」
テツオの足は気がつくと警察に向かっていた.

備えあれば憂いなし.これで殺人の場面に出くわしても安心だ.
余談ではあるが鮫島テツオのその後を記しておく.
テツオはそのまま警察に自首をする.
テツオが殺した相手は,父マサハルが残したという借金で悪質な取り立てを行っていた.テツオはどうすれば良いのか分からなくなり,殺してしまったのだ.しかし,その後の調査でマサハルには借金はなく,嘘の取り立てをしていたことが判明する.
テツオは裁判での情状酌量もあり,模範囚でもあったので短い刑期で釈放される.
テツオはその後,故郷の青森に帰ったり,夫のDVが原因で離婚して帰ってきたサチエと再会する.彼女こそ,高校生のときに友達以上恋人未満になりながらも,告白できなかった相手だ.
1年後にテツオとサチエは結婚.そしてサチエは2年後に妊娠.
サチエは逆子で苦しんだものの,立派なハムスターを産む.テツオ,サチエ,ハムスターは幸せに暮らしたということだ.

| | Comments (0)

July 11, 2009

ルネ・レトルト

レトルト食品の「レトルト」って何だろう.レトルトの意味を調べると,「蒸留や乾留を行うための化学実験器具」とあった.何故,この言葉が「食品」と結びつけられて「レトルト食品」という言葉になったのかさっぱり分からない.
私が調べた限りでは見つからなかったが,「レトルト」に他の意味でもあるのだろうか.
「フォー,フォフェフォフェ」
ボルネオのジャングルで鳴き声が響き渡る.ジャングルの珍獣レトルトだ.
レトルトは取り過ぎた食料を,アルミの袋に入れて高温高圧で殺菌して密封して保存する習性を持つ.保存した食料を温めすぎたときに,大きな声で鳴くということだ.
ボルネオに響くレトルトの声,それはレトルトの食事の開始の合図だ.

上杉謙信が武田信玄に塩を送ったのは有名な話であるが,武田信玄が上杉謙信にレトルトを送ったことはあまり知られていない.
上杉謙信は,武田信玄からもらった大好物のレトルトのカレーに入っていた肉の大きさに喜び,夢中で頬張ったということだ.

流暢な日本語で故国の名物料理を誇らしげに自慢するレトルト人のンジャノホさん.
「私の国の名物料理は『ふりかけ』です」
常に胸ポケットに忍ばせているふりかけの小袋を得意げに取り出す.
「日本人のみなさん,私の国の名物料理はレトルト食品は名物料理じゃないのかと冗談で聞きますが,非常に不愉快です.名物料理がレトルト食品なわけないだろ」
と激怒するレトルト人.でも,みんな本当はレトルトの名物料理が,ふりかけでもレトルト食品でもどうでもいいと思っていることをンジャノホさんは知らない.レトルトの国のことに誰も興味を持っていない.

1582年,ローマに派遣された天正遣欧少年使節.伊東マンショ,千々石ミゲル 中浦ジュリアン ,原マルチノ,沼田レトルト.
沼田レトルトは,ローマから日本への帰途で一隻の船を奪って冒険に旅立ち,南極点に世界で初めて到達したという.現在の南極点には,沼田レトルトの像が建てられているということだ.

渋谷の駅で帰らぬ主人を待ち続けた犬,忠犬レトルト.
簡単,お手軽,美味しいの三拍子そろった犬だ.

レトルト食品の「レトルト」とは,フランスの哲学者の名前だ.
と本当のことを書いてみる.

| | Comments (0)

July 02, 2009

紅海月

不死のクラゲ,ベニクラゲ.
ベニクラゲには寿命がないらしい.簡単に書くと,クラゲを含め普通の動物であれば歳をとって死ぬが,ベニクラゲの場合は歳をとっても死なず,若返って子供(ポリプ)に戻る.勿論,干からびたり,千切ったりすれば死ぬが,寿命というのはないらしい.
人類史上,不死を望んだ人は多くいたが,不死の望みがかなったとしても,クラゲではがっかりすると思う.不死の能力を手に入れてもクラゲでは残念だ.
ベニクラゲ自体は珍しいクラゲではないらしい.ということは,偶然捕まえたクラゲが,実は1000年生きているということも起こりうる.ひょっとしたら,不死の存在はそれほど珍しい存在ではないのかもしれない.
不死の生き物というのは,遠い存在ではないのかもしれない.身近にもいないだろうか.
最近,近所をうろつき始めた小汚い犬.実は不死の犬であり,既に2000年生きていることは知られていない.
桃太郎と名乗る若者に付き合って渋々行った鬼が島,西郷隆盛と名乗るおっさんに仕方なく付き合った散歩.
ゴミをあさる自分の姿に,特に思うところはない.

とある牧場に佇む牛の糞.実は,3000年前から存在している.
猿蟹合戦に登場し,猿が踏んでひっくり返った牛の糞とは彼のこと.日本で最も有名な牛の糞だ.牛の糞に混じる栄光の過去.

ひょろっとした外見で頼りなさそうに見えるクラスでいじめられがちな丸輪太郎君.実は不死であり,既に4000年生きていることは,クラスの誰も知らない.教科書には載っていないが,人類の歴史において重要な役割を果たしてきた.
人類で初めてナマコを食べ,世界で初めて丁髷を結い,小槍の上でアルペン踊りを踊った丸輪太郎君.人類の歴史は彼の心に刻まれている.

消しゴムに赤いペンで「ベニクラゲ」と書いて,誰にもそれを見られずに使い切ると不死の体になれるという.女子高生の間で広く知られているおまじないだ.
「不死の体になれますように」
そう呟く女子高生の胸の高鳴り.

「これで666回目の人生だ.今回の人生は今までで一番呪われた人生だ.若返る前の記憶はなくなっているけど,俺には分かる」
暗い部屋の中,窓から外を眺めて一人呟く男.自室の引きこもって30年.メルヘン世界の住人になって23年.妙な妄想に取りつかれて20年.ネットゲームのハマって5年.親が死んで収入源がなくなるまで残り4年.
彼は不死でも何でもない.

ベニクラゲに寿命がないかもしれないが,単細胞生物にも寿命はないだろうなあと思う.

| | Comments (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »