« November 2009 | Main | January 2010 »

December 25, 2009

煮物

「○○と△△は似ている」という表現を使ってみたい.
例えば,「人生とワインは似ている」のような表現だ.この表現の後に言葉を付け加えて,「人生とワインは似ている.年月を経ることにより良いものは熟成されてゆく」と言えば,「ワインも人生も分かっているんだよ」という両方とも分かっているような雰囲気が醸し出せる気がする.言った自分が偉くなったような気がしてくると思う.
場面を弁えて使うと,一目おかれる存在になれると思う.
どのような場面で使えるだろうか.

ある会社の製品の開発会議.
不景気のあおりを受けて破産寸前.社長を含めた会社役員達も参加し,起死回生の一手の新製品を売り出そうと始めた会議は,揉めに揉めて20時間経過.
出口の見えない会議に社長は一言.
「人生と会議は似ているねえ.いつだって正しい結論があるわけじゃない」
社長の深い言葉に参加者は涙を流し,立ち上がって拍手する.書記が涙で視界を霞ませで議事録をとる.この会議の結論は「人生と会議は似ている」.
社長はこの一言で尊敬され,この会社は破産となることだろう.

クリスマスイブのおしゃれなレストランで,食事をする若いカップル.男は意を決して女性に言う.
「僕はずっと君のサンタクロースになれるかな」
「えっ」と理解できない表情をする女性.
「いや,そうじゃなくて,ソチャンマとサンタクロースは似てるんだ」
ますます混乱する女性.
「ソチャンマとサンタクロースは似てるんだ.両者とも人に幸せを運ぶんだよ.えーと,つまり,君のソチャンマになりたいんだ」
サプライズなプロポーズだ.男をうるんだ瞳で見つめる女性.
ソチャンマとは,アフリカの勇敢なる少数民族ンバホ族の伝説英雄だ.ンバホ族流のプロポーズに,ンバホ族伝統の喜びのダンスを舞いたくなる女性だ.

思春期の中学2年生女子.
寂しい夜は,ひとり窓から星を見ながら呟く.
「ゴミムシとゴミムシダマシは似ている」
彼女の目から涙が流れるのは何故だろう.

結婚を許して貰おうと,彼女の父親に挨拶に行った青年.彼女の家の居間で,テーブルを挟み,厳しい顔つきで正座した父親と向き合う.緊迫した場面だ.
「お嬢さんと結婚させてください」
と父親に頭を下げる青年.
「ところで,君の名前は上岡春人(かみおかはると)というそうだな」
「はい.そうです」
「タピオカとタルトつなげてタピオカタルトっていうと,君の名前にそっくりだと思わないかね」
「確かに似ていますが……」
「そんなふざけた名前の男に,可愛い娘を嫁にやるわけにはいかん」
「えっ」
「不愉快だ.帰ってくれたまえ」
ふすまを開けて部屋を出ていく父親.
「上岡春人」と「タピオカタルト」が似ていることに気がつかせてくれた彼女の父親の偉大さを感じずにはいられない上岡春人だ.

今日はクリスマス.クリスマスかクリスマセンかといわれたらクリスマセンというほかない.

| | Comments (0)

December 05, 2009

ゲームの達人

少年犯罪などで犯人が動機として挙げる「ゲーム感覚」というのは,どんな感覚だろう.少年だけに許される動機なのだろうか.大人が「ゲーム感覚」で何かをしたり,少年少女が犯罪以外のことを「ゲーム感覚」でしてみたりというのはあっても良いと思うが,どうだろう.

今川義元を桶狭間で破った織田信長.ゲーム感覚で奇襲攻撃をしかけたという.

初代EU大統領に選ばれたヘルマン・ファンロンパイ.ゲーム感覚で選ばれた結果だ.

つれづれなるまゝに,日ぐらし硯に向かひて,心にうつりゆくよしなしごとをゲーム感覚にて書き付くれば,あやしうこそ物狂ほしけれ.
-「徒然草」序段

縄文時代の話.
空腹に耐えかね,ゲーム感覚で海の中に転がっていた気持ちの悪い変な塊を食べてみた.人類が初めてナマコを食べた瞬間である.

ときどき目を塞ぐ瞼は邪魔だと考えていた読者モデルの山下マリー(21歳).特に集中して物を見るときは気になって仕方がない.
「ひょっとして,無くなったらおしゃれじゃないかしら」
おしゃれ革命の革命戦士マリーは,ゲーム感覚で瞼を切り取ってみた.
そして切り取った瞼で折り鶴を折ってみた.これをあげれば友達の病気が良くなる気がした.

ゲーム感覚で鼻の中に緑豆を植えてみた.10日後に鼻の穴からモヤシが生えてきた.収穫して食べたてみたら,おふくろの味がした.

「自分も魚のように水の中で生活できるのではないか」と魚類図鑑を見ながら考えた丸和太郎君(8歳).ゲーム感覚で水の中でエラ呼吸してみた.いつもより楽に呼吸できる気がした.そして,新しい方向へ人類の進化が始まる気がした.

自分の人生を振り返ると,ほとんどすべてこのことがゲーム感覚であったような気がする.

| | Comments (2)

« November 2009 | Main | January 2010 »