« January 2010 | Main | March 2010 »

February 18, 2010

グランドフィナーレ

先日,街を歩いていると,露店で野菜を売っていた人が
「本日グランドフィナーレです」
と言っていた.
露店にグランドフィナーレがあるのか分からないが,グランドフィナーレは格好いい.グランドフィナーレを露店ビジネスに積極的に取り入れる野菜売りの人の態度も清々しい.野菜売りから野菜は買わないが,心意気は買いたい.私も野菜売りを見習ってグランドフィナーレを積極的に取り入れていきたい.
いや,その前にグランドフィナーレって何なんだろう.

高校の卒業式.卒業後の進路が原因で別れる男子高生と女子高生.彼は日本の大学に進学し,彼女はアメリカに留学する.
寂しそうに彼女は彼に向って言う.
「私達,これでグランドフィナーレだよね」
彼女の頭の中で付き合って1年半いろいろな思い出が駆け巡り,思わず涙がこぼれる.何か言おうとする彼に,彼女はこう付け加える.
「でも,日本に帰ってきたらグランドオープンもあるかもね」
青春の1ページが増える.

「はい,グランドフィナーレです」
掛ってきた電話に応答するのは,昔から続く大地主の当主グランドフィナーレ源衛門(58歳)だ.
岐阜県のある村で安土桃山時代から続く由緒正しい名家グランドフィナーレ家.地域での評判も良く,グランドさんと呼ばれて親しまれている.現代でも近隣の人は困ったことや悩んでいることがあるとグランドさんの所に相談に行くという.

マサオは20年ぶりに帰ってきた故郷の北海道の空を眺めた.空には沢山のグランドフィナーレが飛んでいる.
「ああ,懐かしいなあ.グランドフィナーレの群れだ」
マサオはグランドフィナーレを見ると故郷に帰ってきたと実感する.幼い時から住んでいた北海道で,いつも目にしていたグランドフィナーレ.マサオは,北海道の外では空を舞うグランドフィナーレを見ることがないということを,故郷を出たときに初めて知った.
屯田兵が飛ばしたグランドフィナーレ.北海道に住む人の心の故郷だ.

京都の嵐山にある小さな神社,グランドフィナーレ神社.日本神話にも出てくる神様の1柱であるグランドフィナーレを祀った神社だ.
昔から「グラフィナはん」と呼ばれ,大切にされている.
神使としてカバが祀られており,神社の池には昔からカバ的な生き物が住みついているらしい.日本で一番カバ臭い神社としても有名だ.

ファッション業界に新風が吹き込まれる.
モテ顔,愛され顔などに続く新たな顔.グランドフィナーレ顔だ.モテや愛されの時代は終わった,グランドフィナーレがファッション業界に君臨.
近い将来,道行く女性の人の顔は,全てグランドフィナーレ顔になると予測されている.

「本日グランドフィナーレです」と言っていた野菜を売る露店は,その次の日も普通に野菜を売っていた.結局,店がグランドフィナーレだったのか,「本日グランドフィナーレです」と言っていた人がグランドフィナーレだったのか.

| | Comments (0)

February 08, 2010

嬉しいタンカー

ハプニングバーというものがあるということだ.よく分からないのだが,ハプニングが起こるらしい.
どんなハプニングが起こるのだろう.

・寿司を頼んだのにグラタンが出てくる
・しかしよく見たらグラタンではなくてウレタン
・大豆を醗酵させたらウレタンになった
・母親だと思っていた人が父親だった
・父親だと思っていた人やっぱり父親だった
・お魚くわえたドラ猫を裸足で追いかける
・買い物しようと町まで出かけたら財布を忘れる
・磯野かと思ったら中島だった
・しかし中島でもなくてウレタン
・やっぱり磯野もウレタン
・花沢さんはウレタンさん
・結局本当の父親も母親もウレタン

ハプニングバー,ウレタンバーとも言い換えられる.

| | Comments (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »