« August 2010 | Main | October 2010 »

September 29, 2010

借り上げ君

通勤電車内で,何か異物を踏んだ.降りるときに踏んだ物を見たらカラアゲだった.カラアゲ好きとしては,やり場のない悲しみと怒りを感じた.
しかし,何故カラアゲが通勤電車の床にあったのだろう.「家出のドリッピー」とかそういう感じか.弁当箱という家から,家出をしたカラアゲのイングリッシュアドベンチャーとかそういうあれか.
家出のカラアゲは通勤電車内で踏まれるまでに,大変な冒険をしてきたのだと思う.

ある日カラアゲは冒険の途中で足の悪い老人に出会う.
「ご老人,難儀をされておるようですね」
「へえ,この足のせいで体の自由がきかんのです.妻や娘に苦労をかけてしもうて,情けのうて仕方がないですわ」
「それは,御苦労をなされておいでだ」
カラアゲは手にした杖で地面をたたいた.すると地面が割れて温泉が湧き出したという.
「ご老人,この湯に使って足を治すが良かろう」
「ありがとうごぜえますだ」
草津温泉,開湯の瞬間である.

「光秀様に早く知らせねば」
カラアゲは馬を走らせる.冒険の途中で生き倒れになった所を明智光秀に助けられ,家臣となったカラアゲは,明智光秀との昨日の会話を思い出す.
「光秀様,明日の夜,信長様が本能寺でびっくりパーティーをやるらしいですよ.参加者は趣向を凝らして信長様をびっくりさせる」
「ほお,カラアゲ,よく知らせてくれた.それは楽しみじゃな」
「噂ですが,秀吉様は,全裸で裸馬に乗って本能寺に駆けつけるそうですよ」
「それは負けてられんな.家康はどうするか聞いておるか」
「これも噂ですが,家康様は,秀吉様とは逆に,全裸で裸馬をかついで本能寺に駆けつけるそうです」
「そうか.全裸が二人はいるということじゃな.全裸はもういらないな…….よし,信長様に反乱を起こすふりをしちゃおうかな」
「いいですねえ,それでは私が適当な所で『ドッキリ』と書かれたパネルを持って,出ていきますよ.信長様もびっくりしますよ」
「よし,決まりじゃな」
昨日の光秀の嬉しそうな顔を思い出しながら,カラアゲは馬にムチを入れ,スピードを上げる.このままでは光秀に追いつかない.光秀は「今宵は宴じゃ.敵は本能寺にありじゃ.よーし,僕は思い切って寺に火を付けちゃうぞ」と言って兵を引き連れ,張り切って本能寺に向かったという.
「光秀様に早くお伝えしなければ.びっくりパーティーは延期になりましたと」
馬を駆るカラアゲ.しかし,カラアゲは間に合わず,光秀はびっくりパーティーを始めてしまう.
本能寺の変である.

江戸の時代が終わり,明治時代が幕を開ける.
カラアゲは早速「ザンギリ頭」にしてみた.そこで自分の頭を叩いてみた.痛快な音が街に響き渡る.街行く人は,その音を聞きカラアゲに目を向ける.
「文明開化の音だ」
誰からともなく発した声が,皆の声となり,大きなうねりとなり街から日本へと響く.
「文明開化,文明開化」
カラアゲのザンギリ頭を叩いて出た音こそが,文明開化の音.日本で初めて文明開化の音を立てたのこそが,カラアゲだ.

冒険の末に通勤電車に到着したカラアゲ.今もどこかでイングリッシュアドベンチャーだ.

| | Comments (0)

September 15, 2010

平家みちよ

「祇園精舎の鐘の声,諸行無常の響きあり」
有名な平家物語の書き出しだ.
ところで,この祇園精舎というのは何だろう.きっと施設の名前なのだろうが,どこにあるのだろうか.平家物語の作者は「祇園精舎の鐘の声」というのを聞いたことがあるのだろうか.
祇園精舎は意外と近い所にあるのかもしれない.

「ちょっと祇園精舎に行ってくるからお留守番頼むわね」
母がちょっとスーパーへ買い物に.近所のスーパーマーケット,祇園精舎だ.この辺でスーパーと言えば祇園精舎,祇園精舎と言えばスーパーだ.
今日は牛肉の特売日.そして今日は初めてのお留守番にちょっとワクワクの小学1年生タモツ君だ.

引きこもりの兄は,今日も一人で祇園精舎に籠っている.
祇園精舎から出てくるのは風呂とトイレの時くらいだ.食事は母が祇園精舎の前に置き,兄は食べ終わったら食器を祇園精舎の前に置いておく.兄にはもう何年も会っていない.
そんな引きこもりの兄は,毎日4時になると鐘を鳴らす.兄が小学生の時,家族旅行で行った奈良で記念に買った鐘だ.
鐘は,家の中に諸行無常の声を響かせる.

数年前の公共事業で建てた祇園精舎が民間会社に払い下げられるらしい.
建設当時から税金の無駄遣いと言われながらも,群馬の山奥に建設された祇園精舎.来年からは祇園精舎は,秘宝館として営業される.

中学生になっても,なかなか大きくならない祇園精舎に悩む女子中学生フサエ(14歳).友達の祇園精舎の発育は順調.中には羨むほどの大きさの祇園精舎の持ち主もいる.自分の祇園精舎と比較し,暗い気持ちになってしまう.好きだけどもう一歩踏み込めない彼を想って悩む.
「やっぱり,彼も祇園精舎の大きな子の方がいいのかなあ」
と言ってみては自分の祇園精舎に手を当てる.
友達以上恋人未満の祇園精舎だ.

祇園精舎はインドにあったとのことなので,平家物語の作者は「祇園精舎の鐘の声」は聞いたことがないと思われる.更に書くと,沙羅双樹は日本で育てるには温室が必要だということなので,「沙羅双樹の花の色」も見たことがないと思われる.
強気の知ったかぶりで,平家物語を書き始めた作者.その強気を見習いたい.

| | Comments (0)

September 04, 2010

相模取り

「元相撲取り」が付くと良く分からない独特の迫力がある.
元相撲取りのサラリーマン.
仕事ができるできないではなく,何だか良く分からないことが凄そうだ.
「元相撲取り」には未知の可能性がありそうだ.

人気アイドルグループの人気の総選挙が行われ,順位が発表される.
読み上げられる名前を舞台上で聞くメンバー達.嬉し涙を流す者,悔しくて涙を流す者.
そしてついに1位の名前が読み上げられると,「ごっつぁんです」と号泣するメンバーが一人.元相撲取りのAKBメンバーが初めて1位に輝いた瞬間だ.
マイクと賞杯を手に「今年は番付が下がると思っていました.こんな嬉しいことはありません」とのコメントも元相撲取りならではだ.

初の元相撲取り大統領がアメリカで誕生.「We can chanko!」を合言葉にアメリカから世界を変える.
ちゃんこが世界を救うのだ.

最近,日本全国で問題になっているは所在不明の元相撲取りだ.
戸籍上存在しているが,実際に生きているのか,死んでいるのか.生きているのであればどこにいるのか不明の元相撲取り達だ.
噂では,山奥の村に皆で隠れ住み,夜な夜なぶつかり稽古をしているそうだ.

ある日,父がどこからともなく連れてきた犬.煮干しを水に浸したやつを好んで良く食べる冴えない犬だが,元相撲取りのようだ.
現役の時は,ちゃんことか,つっぱりが凄かったらしい.

今日から2学期.
「うわあ,遅れる.初日から遅刻だ」
と走る男子高校生.学校の近くの十字路で,見慣れない女子高校生が飛び出す.
ぶつかるかと思った瞬間,女子高校生は男子高校生のベルトを上手から引き,そのまま投げた.
「いててて」と女子高校生を見上げる男子高校生.
「危ないわね.気を付けてよ」
「上手投げをしておいて何だよ.しかも千代の富士の上手投げじゃねえか」
「ウルフスペシャルを知っているなんて中々ね.顔は憶えておくわ」
立ち去る彼女をぼんやりを見る男子高校生.
彼はその日の教室で,転校生として紹介される彼女と会うことになる.
元相撲取り恋の予感だ.

「元相撲取り」に秘められた可能性.自分の名刺に「元相撲取り」と書き添えてみる.

| | Comments (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »