« 相模取り | Main | 借り上げ君 »

September 15, 2010

平家みちよ

「祇園精舎の鐘の声,諸行無常の響きあり」
有名な平家物語の書き出しだ.
ところで,この祇園精舎というのは何だろう.きっと施設の名前なのだろうが,どこにあるのだろうか.平家物語の作者は「祇園精舎の鐘の声」というのを聞いたことがあるのだろうか.
祇園精舎は意外と近い所にあるのかもしれない.

「ちょっと祇園精舎に行ってくるからお留守番頼むわね」
母がちょっとスーパーへ買い物に.近所のスーパーマーケット,祇園精舎だ.この辺でスーパーと言えば祇園精舎,祇園精舎と言えばスーパーだ.
今日は牛肉の特売日.そして今日は初めてのお留守番にちょっとワクワクの小学1年生タモツ君だ.

引きこもりの兄は,今日も一人で祇園精舎に籠っている.
祇園精舎から出てくるのは風呂とトイレの時くらいだ.食事は母が祇園精舎の前に置き,兄は食べ終わったら食器を祇園精舎の前に置いておく.兄にはもう何年も会っていない.
そんな引きこもりの兄は,毎日4時になると鐘を鳴らす.兄が小学生の時,家族旅行で行った奈良で記念に買った鐘だ.
鐘は,家の中に諸行無常の声を響かせる.

数年前の公共事業で建てた祇園精舎が民間会社に払い下げられるらしい.
建設当時から税金の無駄遣いと言われながらも,群馬の山奥に建設された祇園精舎.来年からは祇園精舎は,秘宝館として営業される.

中学生になっても,なかなか大きくならない祇園精舎に悩む女子中学生フサエ(14歳).友達の祇園精舎の発育は順調.中には羨むほどの大きさの祇園精舎の持ち主もいる.自分の祇園精舎と比較し,暗い気持ちになってしまう.好きだけどもう一歩踏み込めない彼を想って悩む.
「やっぱり,彼も祇園精舎の大きな子の方がいいのかなあ」
と言ってみては自分の祇園精舎に手を当てる.
友達以上恋人未満の祇園精舎だ.

祇園精舎はインドにあったとのことなので,平家物語の作者は「祇園精舎の鐘の声」は聞いたことがないと思われる.更に書くと,沙羅双樹は日本で育てるには温室が必要だということなので,「沙羅双樹の花の色」も見たことがないと思われる.
強気の知ったかぶりで,平家物語を書き始めた作者.その強気を見習いたい.

|

« 相模取り | Main | 借り上げ君 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 相模取り | Main | 借り上げ君 »