« もっこりほっこり | Main | 開け!幕府キッキ »

January 13, 2011

豆に鳩鉄砲

驚いた顔を例えて「鳩が豆鉄砲を食らったような顔」という表現がある.
鳩が豆鉄砲を食らうと本当に驚くのだろうか.鳩にいわせれば「まあ,少しは驚くけど,そんなに驚かないよ.だって,飛んでくるのは豆でしょ」程度ではないだろうか.
むしろ,飛んでくる豆よりも鳩を驚かす物はあると思う.その時の鳩の顔こそが,本当の意味での驚いた顔ではないだろうか.

場末の劇場でマジックショーの後,年老いたマジシャンが,長年パートナーだった鳩をポケットから取り出し,暗い声で話しかける.
「なあ鳩よ,俺,マジシャンを廃業しようと思うんだ」
慌てて鳩は答える.
「ええっ,突然何を仰るのです.私と旦那は気の合うパートナーじゃないですか.違いますか.私に飽きたってことじゃないですよね」
「いや,俺がお前に飽きたんじゃないんだよ.今までお前とは一生続けられるパートナーだと思ってた.いや,今でも思っているんだ」
「じゃあ何で…….私が歳だからっていうんですか.まだまだいけますよ.旦那,そんなこと言わずに,昔みたいに,私を使ったマジックで大勢の人を驚かしましょうよ」
「俺だってそうしたいさ.でもな,世の中,びっくりすることが多すぎてなあ,俺のマジックじゃ驚かなくなっちまったんだよ.俺がお前に飽きたわけじゃない.世の中の人が,俺達のマジックに飽きちまったんだよ」
「じゃあ,私らパートナーは……」
「パートナー解消だ.勿論,俺だってマジシャン廃業だ」
「それじゃあ,私はどうすれば」
「今までありがとうな.お前は,お前で普通の鳩として生きればいい.これからは,空を自分の思うまま飛んでくれ.俺のマジックのためじゃなくな」
鳩は,長年のパートナーから切り出された突然の別れに驚く.
「鳩が突然の別れを告げられたような顔」だ.

鳩が気持ちよく朝の晴れた空を飛んでいると木陰からヒソヒソと話し声が来た.
「鳩ってさあ,結局何なのさ」
「そうそう,あの鳥って何か勘違いしてるよ」
「あの歩く時の首の動きとかね.あれは何がしたいの」
「あれは絶対オシャレな私をアピールしようとしているんだよ」
「ええっ,それはないでしょ.あれ,オシャレじゃないもん」
「だって,鳩が歩きながら『オシャレでしょ』って言ってたのを聞いたよ」
「まさか,モデルを気取ってやつなの」
「いや,無理あり過ぎだって,モデルって」
「っていうか,それより,平和の象徴気取りって何のつもり」
「人間がそう言うから渋々平和の象徴やってるって言ってるけど……」
「あの顔は絶対に渋々って顔じゃないよな」
「やっぱりそうだよね」
「あれは,明らかに喜んでるよ」
「そういえばさあ,俺の友達が鳩に言われたらしいんだよ.『平和ってなんだか知っているかね』とかって」
「何それ.意味分かんない」
「気持ち悪いよね
「あの汚い鳥が平和って」
「笑える」
鳩が木陰を覗き込むと,雀達が集まっていた.そして,鳩の陰口を叩いていた.
鳩は自分よりも格下だと思っていた雀から陰口を叩かれたことに驚き,「クルルーポッポー」と泣きながら青空を飛び去る.
「鳩が雀に陰口を叩かれたような顔」だ.

鳩は,息を切らしながら岩山の上に一本生えた木の枝に止まり,見まわした.
どうやら,奴はまだ来ていないようだ.当然のことだ.鳩の俺に敵うわけないのだ.
鳩は一息付く.
身の程を知らない雀だ.
鳩は,飲み屋で雀と口論となった.雀は,鳩が歩くとき,首が前後に動くのが気に入らないようなのだ.飲み屋のオヤジの仲裁もあり,飲み屋での喧嘩は収まったが,気の済まなかった雀は「伝書勝負」で決着を付けようといいだした.この勝負を持ちかけられた鳩だって黙ってはいられない.由緒正しき伝書鳩.伝書勝負を逃げるわけにはいかない.「そこまで言うのなら,付きあってやろう」と鳩がいうと,この勝負を見逃すわけにはいかないと,飲んでいた小鳥たちが集まり「それじゃあ俺達が見届けよう」と集まってきた.
鳩は,つまらなそうに見まわした.
雀は来ないようだな.どうせ途中で逃げ出したのだろう.無謀な勝負を挑んだな.
鳩は笑いがこみ上げてきた.「クルルークルル―」としか聞こえない笑いが嘴から漏れる.
ところが,雀の声が聞こえてきた.
「いやー,鳩さん.頑張ったみたいだけど駄目ですねえ」
鳩が声の方に目をやると岩陰から,ニヤニヤとしながら雀がでてきた.
「この勝負は私の勝ちですよ.伝書じゃ,私に勝てないようですね.あまりに鳩さんが遅いので,先にゴールに着いた私は一眠りしてましたよ」
そして,雀の後ろの岩陰からこの勝負の見届け人の小鳥達が出てきてさえずった.
「この勝負,雀さんの勝ちですよ,鳩さん.私たち見届けましたよ」
雀は驚いた鳩を見て言った.
「伝書も駄目な鳩って何なんでしょうね.貴方は何のために存在するんですかね」
鳩は「鳩が雀に伝書で負けたような顔」をしていた.

おそらく,鳩は驚くようなことがあっても,3秒くらいしたら全て忘れると思う.所詮,鳥.なので鳩を驚かせても何もいいことはないと思う.

|

« もっこりほっこり | Main | 開け!幕府キッキ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« もっこりほっこり | Main | 開け!幕府キッキ »