« 埋め立て | Main | 馬糖黍 »

February 28, 2011

高速に拘束

「詳しくは『○○○』で検索」や「続きはWebで」という広告がある.広告の内容を詳しく知りたい人や興味を持った人は,検索をして見て欲しいというやつだ.ネットワーク社会の現代,広告だけでなくもっと活用できないだろうか.

山本タモツ(45歳)は,久しぶりに帰った実家で見つけた日記帳を手に取る.若かった頃を思い出しながら懐かしくページを捲っていると,高校生の夏休みに付けた日記に,「高三の夏休み」で検索,の文字を発見
早速検索して見てみると,あの頃の日々が蘇る.自分の知らぬ間に記録されていた高三の夏休みの自分.自分以外に誰も興味を持たないと思うあの時の自分.甘酸っぱい思い出に胸がキュンとなり,気が付くと涙が流れている.
ありがとうネットワーク.

丸輪太郎君は,好きだった同じクラスの若林コズエさんを校舎裏に呼び出して告白.
「若林さん,実は今まで好きだったんだ」
若林さんは,はにかんで答える.
「えっと,続きはWebでね」
若林さんは恥ずかしそうに駆け去る.
ドキドキしながら丸輪君が押す検索ボタン.検索結果を辿ると,コズエさんが映った動画が流れる.
よく告白されるコズエさんは,断る手続きをネットワーク上のデータを使って共通化.合理的なコズエさんは,間違いなくデキル女だ.
丸輪君は動画の再生回数を見て涙を流すのだ.

ある病院の中の病室の一つに担当医師の指示の元,久田渋重(98歳)の家族が呼び寄せられる.渋重は朦朧としながら,ベッドの周りに集まった家族に話をする.
「ワシの遺産の分配じゃが……」
「お父さん,だめだ.まだ死じゃだめだ」
「おじいちゃん,おじいちゃん」
そんな家族に向かって渋重は繰り返す.
「ワシの遺産の分配じゃが……」
固唾を飲んで耳を澄ませる親族一同.
「続きはwebで」
そう言い残し渋重は事切れる.
親族一同がブラウザを立ち上げて映し出されたのは,元気いっぱいの渋重.渋重は,仮想空間で生き返る.
「ワシを見ているということは,本体は死んだということじゃの.じゃあ,これからはこっちが本体じゃ.ワシの遺産はワシの使いたいように使う」
そう言って仮想空間の中に消えて行く.寿命を限りなく伸ばした渋重.遺産相続するつもりだった息子達は舌打ちをする.

逃亡中の容疑者が,逃亡中にメールを受信.メールのタイトルは「続きはWebで」.
Webブラウザを立ち上げると,容疑者はその場で逮捕される.オンラインで容疑者が身柄を拘束される,近年警察で開発されたオンライン逮捕と呼ばれる技術だ.オンライン逮捕された容疑者はそのまま拘置所に転送.容疑者は高速ネットワークを使って拘置所に転送される.
「容疑者を待たせません」が合言葉の最新技術.逮捕の手続きを簡素化し,拘置所への転送まで自動化されているので,コストを大幅に削減.最新技術が,時間とお金の無駄をカットし,検挙率をアップさせる.

面倒くさいことに出会ったら,積極的に「続きはWebで」と言って逃げたい.

|

« 埋め立て | Main | 馬糖黍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 埋め立て | Main | 馬糖黍 »